「カップルで鳴らして」 志摩・渡鹿野島に新スポット ハート型の鐘を設置

      2016/03/26

スポンサーリンク

志摩市磯部町の離島、渡鹿野島の的矢湾を望む観光スポット「渡鹿野園地」に、島民が手作りしたハート型の鐘「オノコロの鐘」が設置された。島の形がハート型で「ハートアイランド」として活性化を目指す同島の新しいスポットになりそうだ。

 名前の由来は渡鹿野島が「オノコロ島」と呼ばれていたという記録による。島の歴史をまとめた「渡鹿野郷土史」によると、島に残る古文書「神書」の「自凋島五社太神(おのころじまごしゃたいじん)記録」では、五世紀前半の第十八代反正(はんぜい)天皇の御代に大雨が続き、都の悪疫流行を鎮めようと神に祈願したところ「伊勢国の伊雑(いざわ)の宮の伴社で自凋島の五社太神をおろそかにしている」とお告げがあった。天皇の使いが探しあてた自凋島が現在の渡鹿野島だったという。

 島民でも知る人が少なくなったこのいわれを広く知ってもらおうと、鐘の名前にした。

 オノコロの鐘は、カキいかだを再利用した高さ二メートルほどの枠組みに、長さが異なる七本のアルミ製の棒が取り付けられている。二十五―五十センチの長さの棒を、ハート型になるよう組み合わせて作った。

 風が吹くと棒がぶつかり合って音を奏でるが、訪れた人にも鐘を鳴らしてもらおうと、両側にひもを取り付けた。

 茶呑潤造区長(65)は「暖かくなってきたのでハートアイランドにカップルで来て、ぜひ鐘を鳴らしてほしい」と話していた。

伊勢新聞より転載

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。 1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[18 ...

2
今が旬♪ アワビ料理プランのある宿

知っていますか?熨斗あわび 贈答品の印に使う「のし」や「のし袋」の「のし」には、 ...

3
三重ブランド!!伊勢海老料理が食べれる志摩の宿

三重ブランド「伊勢海老」とは・・・。 伊勢えびは千葉県以南の太平洋岸に多く分布し ...

4
志摩市志摩町のおすすめ宿泊施設

スポンサーリンク 御座白浜 料理 旅館 高曽 当館お奨めコースでは、丸々と大きく ...

5
伊勢志摩のほっこり温泉宿

伊勢外宮参道温泉 【効能】やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他 * 伊 ...

6
活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾で一番最初に、あおさ海苔の ...

7
うなぎ寿司「しまや」の鰻ご飯に惚れちゃった~in志摩市大王町波切

しまや店主、北尾富美子さんとの出会いは、 伊勢志摩サミット応援事業のとあるサイト ...

8
南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん

三重県の南伊勢町宿田曽漁港は 「日本一の遠洋漁業の町」 看板が物語るかのように昭 ...

9
3種類のカレーが楽しめる三重県松阪市にあるカレー専門「カレーのてちや」

現在進行中のプロジェクトで三重県三重県松阪市小黒田町にある「カレーのてちや」様を ...

10
古民家を改築、大阪から移住した谷藤 さんご夫妻が営むギャラリー&カフェ「手づくり工房 奥伊勢」大台町

自然豊かな三重県多気郡大台町高奈、JR線が走るすぐそばで古民家を改築した建物「手 ...

11
「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週間さらして作る手間隙かけた郷土の味

伊勢市小俣町で昔ながらの伊勢沢庵作りをしている林商店さん 御薗大根のハサ掛けは冬 ...

12
朝が明けて仕事をするのが楽しみ、木と向き合って約60年!! ウッドクラフト廣田、広田利夫さん

三重県多気郡大台町天ケ瀬にあるウッドクラフト廣田 代表の広田利夫さんは木と向き合 ...

 - 地域情報