「伊勢志摩・食べる通信」 始まります!

      2016/05/06

「伊勢志摩・食べる通信」 始まります!

001

志摩市の前市長・竹内千尋さんが以前から関心を寄せていらっしゃった「日本食べる通信リーグ」は、2013年に東北からスタートした、生産者と消費者を繋ぐ食べもの付きの情報誌です。
このプロジェクトを知った竹内さんは、「せっかく美味しいものにあふれている伊勢志摩。是非、伊勢志摩からも参入したい!」と
この日は賢島大橋のふもとのテラスで会議が催されました。
日本食べる通信リーグ コーディネーターの江守 敦史さんと、本間 勇輝さんからのお話を少しご紹介させて頂きます。
この食べる通信は、現在、東北・四国・東松島・神奈川・山形・下北半島・福島・築地・加賀能登・北海道・兵庫12ヶ所で展開していますが、各地域では様々な物語が起こっているそうです。
誌面では、自然に向き合っている生産者の生きざまを見せる、またその人の半生を綴る。→それを見た読者が、「その人が作った食べ物を食べたい。」と注文を寄せる。→その人の事を思って食べる。→「ごちそうさま」を届ける。
用意したFacebookのコミュニティでも、漁師さんが漁場で獲ったウニの写真をアップする。 → そしてそのウニが読者さんの元に届く! →「こんなふうにして食べました。ごちそうさまでした。」と沢山の投稿がアップされる。
コミュニティでリアルな反響が届くことは、生産者にとってかつてない経験で、そして読者が生産者の所に通うまでになったり、「そこに住みたい」・・・とまで、そんな物語が各地域様々な場所で起こり、確実に広がってきているそうです。「今、何が売れるか、読者は何を欲しがっているか。」を追求し、「マイファーマー」が増えたら世の中はもっと良くなるとお話されました。
大きなサイズの情報誌のページをめくっていくと、生産者の方の魅力を写真と文章で充分に伝わる感動的な表現で仕上がっています。
私は「食べたくなる。」という気持ちももちろん沸きましたが、取材に関わった方の生産者さんに対する感動の気持ちさえも伝わってきました。
日本食べる通信リーグのウェブサイトはこちらです。
>>> http://taberu.me/

上記の写真・文=山本智加子

imageプロフィール>> https://www.facebook.com/everything.yamamoto

当社運営の地域情報伊勢志摩版でも公開させて頂きました。

おすすめ記事一覧

1
三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。 1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[18 ...

2
今が旬♪ アワビ料理プランのある宿

知っていますか?熨斗あわび 贈答品の印に使う「のし」や「のし袋」の「のし」には、 ...

3
三重ブランド!!伊勢海老料理が食べれる志摩の宿

三重ブランド「伊勢海老」とは・・・。 伊勢えびは千葉県以南の太平洋岸に多く分布し ...

4
志摩市志摩町のおすすめ宿泊施設

スポンサーリンク 御座白浜 料理 旅館 高曽 当館お奨めコースでは、丸々と大きく ...

5
伊勢志摩のほっこり温泉宿

伊勢外宮参道温泉 【効能】やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他 * 伊 ...

6
活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾で一番最初に、あおさ海苔の ...

7
うなぎ寿司「しまや」の鰻ご飯に惚れちゃった~in志摩市大王町波切

しまや店主、北尾富美子さんとの出会いは、 伊勢志摩サミット応援事業のとあるサイト ...

8
南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん

三重県の南伊勢町宿田曽漁港は 「日本一の遠洋漁業の町」 看板が物語るかのように昭 ...

9
3種類のカレーが楽しめる三重県松阪市にあるカレー専門「カレーのてちや」

現在進行中のプロジェクトで三重県三重県松阪市小黒田町にある「カレーのてちや」様を ...

10
古民家を改築、大阪から移住した谷藤 さんご夫妻が営むギャラリー&カフェ「手づくり工房 奥伊勢」大台町

自然豊かな三重県多気郡大台町高奈、JR線が走るすぐそばで古民家を改築した建物「手 ...

11
「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週間さらして作る手間隙かけた郷土の味

伊勢市小俣町で昔ながらの伊勢沢庵作りをしている林商店さん 御薗大根のハサ掛けは冬 ...

12
朝が明けて仕事をするのが楽しみ、木と向き合って約60年!! ウッドクラフト廣田、広田利夫さん

三重県多気郡大台町天ケ瀬にあるウッドクラフト廣田 代表の広田利夫さんは木と向き合 ...

 - blog