お食事処「四季さかな」の料理人近藤幸徳さん

      2016/05/05

三重県津市香良洲町に店舗を移転されたお食事処「四季さかな」の料理人
近藤幸徳さん(51)をご紹介させて頂きます。

001

このたび平成27年10月15日、津市高茶屋小森町から香良洲町に店舗を移転されました。立地条件としても店舗の広さからしても以前の方が良いように思ってしまう私はとても不思議で移転の理由を尋ねました。
すると近藤さんは言います。
「主人独りの目が行き届く範囲で料理をしたかったからです。お客様1人1人の顔が見え、料理が良かったか悪かったか表情を見るとわかるので、お客様それぞれの好みがわかってきます。こじんまりとした個人店だからこそ出来るおもてなしを、看板は四季さかなだけど「近藤さんの料理を食べに来た」というお客様が増えてほしい。それが今後の私の料理の道だと思い移転を決心しました。」
食材のこだわりについても聞いてみました。
「魚にしても野菜にしても子供の時に食べていた食材には旬があり、食感や味にクセがあったけど、今スーパーでは旬でなくても豊富な食材を購入することができたりします。世間にとって当たり前のことは、自分にとってはどうしても当たり前と思えないんです。畑で採れた野菜を食べること、水揚げされた旬の魚を食べること。それが、僕にとっての子供の頃からの当たり前なんです。それをこれからもずっと守っていきたいです。
豆腐や醤油もそうです。きちんと豆の味がする豆腐や醤油は、あとから濃厚な甘味が出てきます。可能な範囲でお客様に提供して、三重県にはこんなんがあるんやよっていうことを知ってもらえたら」と話して下さいました。
お店を移転しても近藤さんの料理のファンの人は、離れていくことなく新店舗に足を運んで下さっているそうです。
津市の方に行く機会がありましたら、一度、近藤幸徳さんのおもてなし料理を味わってみませんか???
四季さかな ホームページ>>>http://www.shiki-sakana.com/

上記の写真・文=山本智加子

imageプロフィール>> https://www.facebook.com/everything.yamamoto

当社運営の地域情報伊勢志摩版でも公開させて頂きました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ  ←ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/

おすすめ記事一覧

1
三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。 1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[18 ...

2
三重ブランド天然とらふぐ、あのりふぐが食べれる宿

三重ブランド「あのりふぐ」とは・・・。伊勢湾を含む遠州灘から熊野灘にかけての海域 ...

3
三重ブランド!!伊勢海老料理が食べれる志摩の宿

三重ブランド「伊勢海老」とは・・・。 伊勢えびは千葉県以南の太平洋岸に多く分布し ...

4
志摩市志摩町のおすすめ宿泊施設

スポンサーリンク 御座白浜 ニューさざ波 志摩半島先端、御座白浜に料理自慢の素朴 ...

5
伊勢志摩のほっこり温泉宿

伊勢外宮参道温泉 【効能】やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他 * 伊 ...

6
活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾で一番最初に、あおさ海苔の ...

7
うなぎ寿司「しまや」の鰻ご飯に惚れちゃった~in志摩市大王町波切

しまや店主、北尾富美子さんとの出会いは、 伊勢志摩サミット応援事業のとあるサイト ...

8
南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん

三重県の南伊勢町宿田曽漁港は 「日本一の遠洋漁業の町」 看板が物語るかのように昭 ...

9
3種類のカレーが楽しめる三重県松阪市にあるカレー専門「カレーのてちや」

現在進行中のプロジェクトで三重県三重県松阪市小黒田町にある「カレーのてちや」様を ...

10
古民家を改築、大阪から移住した谷藤 さんご夫妻が営むギャラリー&カフェ「手づくり工房 奥伊勢」大台町

自然豊かな三重県多気郡大台町高奈、JR線が走るすぐそばで古民家を改築した建物「手 ...

11
「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週間さらして作る手間隙かけた郷土の味

伊勢市小俣町で昔ながらの伊勢沢庵作りをしている林商店さん 御薗大根のハサ掛けは冬 ...

12
朝が明けて仕事をするのが楽しみ、木と向き合って約60年!! ウッドクラフト廣田、広田利夫さん

三重県多気郡大台町天ケ瀬にあるウッドクラフト廣田 代表の広田利夫さんは木と向き合 ...

 - blog