太陽光発電 志摩市で計画急増 自然保全の条例、空文化

   

伊勢志摩国立公園に全域が含まれる志摩市で、太陽光発電所の開発計画の届け出が2013年以降で38件、計約87万4000平方メートル(東京ドーム18・7個分)に達することが22日、市への取材で分かった。市は「自然と環境の保全に関する条例」で開発行為の適正な施行をうたう。ただ、市は「提出されたものは全て受理する」とし、開発行為の歯止めとしての役割を果たせず、空文化している実態が浮き彫りになった。

市環境課によると、条例(04年制定)は「恵まれた自然と良好な環境を確保するため」、市、事業者、市民の責務を明示。面積1000平方メートル以上の開発行為は「あらかじめ市長に届け出なければならない」と規定する。同は「添付書類を確認するが、届け出内容の虚偽について審査はしない」とし、受理するだけとなっている。

条例で、環境保全について調査、指導を行う「環境保全指導員」を職員から任命するとしているが、今月8日、市民の指摘を受けて任命するまで空席となっていた。

また土砂の流出などで水産生物への影響を考慮し、関係漁協と事前協議を求めているが、同課は「全ての漁協関係者らと協議したわけではない」と、不備を認めている。

駐車場や事業転換で太陽光発電所を設置したケースは、条例に基づく届け出を必要としないため、実質的な総面積は届け出面積をはるかに上回ると推定されている。

世界水準のナショナルパーク構想が打ち出された「伊勢志摩国立公園を大切にする市民の会」(鬼塚永子共同代表)は「森林伐採を伴う無秩序な設置で、必ず防災力の低下や環境・観光資源の劣化を引き起こす。これ以上の開発は必要ない」とし、市民の理解を求め署名活動を展開する。

条例の空文化について、市環境課は「条例の制定時は、太陽光発電所の設置による開発を想定しておらず、十分に対応できなかった。今後は(自然破壊の恐れがあると)危機感を持って対処したい」としている。

22日に開かれた市議会本会議で、景観保全と太陽光発電所設置規制条例制定を求める請願書が採択され、市は来年中に制定したいとしている。

〔mainichi.jp三重版〕

おすすめ記事一覧

1
三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。 1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[18 ...

2
三重ブランド天然とらふぐ、あのりふぐが食べれる宿

三重ブランド「あのりふぐ」とは・・・。伊勢湾を含む遠州灘から熊野灘にかけての海域 ...

3
三重ブランド!!伊勢海老料理が食べれる志摩の宿

三重ブランド「伊勢海老」とは・・・。 伊勢えびは千葉県以南の太平洋岸に多く分布し ...

4
志摩市志摩町のおすすめ宿泊施設

スポンサーリンク 御座白浜 ニューさざ波 志摩半島先端、御座白浜に料理自慢の素朴 ...

5
伊勢志摩のほっこり温泉宿

伊勢外宮参道温泉 【効能】やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他 * 伊 ...

6
活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾で一番最初に、あおさ海苔の ...

7
うなぎ寿司「しまや」の鰻ご飯に惚れちゃった~in志摩市大王町波切

しまや店主、北尾富美子さんとの出会いは、 伊勢志摩サミット応援事業のとあるサイト ...

8
南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん

三重県の南伊勢町宿田曽漁港は 「日本一の遠洋漁業の町」 看板が物語るかのように昭 ...

9
3種類のカレーが楽しめる三重県松阪市にあるカレー専門「カレーのてちや」

現在進行中のプロジェクトで三重県三重県松阪市小黒田町にある「カレーのてちや」様を ...

10
古民家を改築、大阪から移住した谷藤 さんご夫妻が営むギャラリー&カフェ「手づくり工房 奥伊勢」大台町

自然豊かな三重県多気郡大台町高奈、JR線が走るすぐそばで古民家を改築した建物「手 ...

11
「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週間さらして作る手間隙かけた郷土の味

伊勢市小俣町で昔ながらの伊勢沢庵作りをしている林商店さん 御薗大根のハサ掛けは冬 ...

12
朝が明けて仕事をするのが楽しみ、木と向き合って約60年!! ウッドクラフト廣田、広田利夫さん

三重県多気郡大台町天ケ瀬にあるウッドクラフト廣田 代表の広田利夫さんは木と向き合 ...

 - blog