志摩で生まれ育ち、志摩の海を愛し、志摩の魚を愛する寿司職人が営む『幸寿司』

      2016/05/19

大将が30年作り続けている志摩の郷土料理・てこね寿司を食べたら、美味しくてとても幸せな気持ちになれました。
「幸せ」「お寿司」そんな2つの言葉が合わさった「幸寿司」さんをご紹介します。

001

001

一口食べた瞬間、てりてりのカツオのヅケとモチモチとしたご飯!
そのご飯にしっかりと絡まった独特のタレ!
そのてこね寿司にまぶされた青しそ・海苔・胡麻の風味が、より一層美味しさを引き立てています。
その何とも言えない奥深いこだわりを感じる美味しさに
思わず「美味しい!! 大将!てこねを作るようになって何年経つんですか??」と尋ねると、
「30年です!」自信に満ちた声で返事が返ってきました。

001

板前としての修業を経て29歳で独立。
平成7年志摩市阿児町鵜方に「幸(こう)寿司」をオープンしたという大将は、志摩市の甲賀(こうか)で生まれ育ち、また奥様も神明(しんめい)のご出身なので、まさに志摩っ子のお二人が、二人三脚で営んでこられた寿司店なのです!
てこね寿司をメニューとしてお出ししたのもその当時からで、この志摩の郷土料理のてこね寿司の味を、是非、都会の人にも知ってもらいたくて、東京や大阪の百貨店で開催される物産展に売りに行った時期もおありなんだそうですよ。
その頃はてこね寿司の知名度も低く、催事会場で作ってパックに詰めて店頭に並べても、「なにこれ??かんぴょう??」など言われて全然売れなかったというご苦労もあるそうです。
でもだんだんテレビの旅番組などで、てこね寿司が志摩の郷土料理として取り上げられるようになってからは、県外から観光に来られたお客様からてこね寿司を求めてご来店頂けるようになったそうです。

001

そんなエピソードをお持ちの幸寿司さんのてこね寿司はこの看板が目印

志摩町や大王町に向かう国道260号線沿い 志摩市阿児町鵜方の幸寿司さんで食べられます。

001

てこね膳(てこね寿司・天婦羅盛り合わせ・サラダ・味噌汁) 1,400円

001

メニューは上質な新鮮ネタのにぎりから

001

お得なにぎり膳1,800円
にぎり 1,500円
特上にぎり 3,000円
上にぎり 2,000円
寿司膳 1,200円
上寿司膳 2,400円
にぎり膳 1,800円
寿司盛り合わせ盛り合わせ 1,000円
ちらし寿司 1,000円
ランチ 1,000円
造り定食 1,600円
お子様寿司 1,000円

お寿司以外にも、一晩寝かせて丸一日がかりで作る手打ちうどんや、
ジャンボえびフライ定食・天ぷら定食・丼物と、ファミリーレストランなみにメニューが豊富ですので、
好き嫌いの多いお子様連れのご家族でも安心してお食事して頂けるなぁと思いました。

001

また店内には「ふぐ取扱営業届済証」が飾られていて
11月から2月までの期間中は天然トラフグ・三重ブランドの「あのりふぐ」のてっちりコースもご予約頂けるそうですよ♪

001

店内はテーブル席とカウンター席

001

ゆっくりとくつろげるお座敷もありました。

あれも食べたいこれも食べたいと欲張りになっているあなた!
是非とも幸寿司さんへGO~!

幸寿司
住所 三重県志摩市阿児町鵜方2918-5
TEL 0599-43-8500
営業時間 11:30~14:00 17:00~23:00
定休日 水曜日

上記の写真・文=山本智加子

imageプロフィール>> https://www.facebook.com/everything.yamamoto
ゲンキ3ネット伊勢志摩サミット特設サイトにて公開中

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ  ←ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/

おすすめ記事一覧

1
三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。 1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[18 ...

2
今が旬♪ アワビ料理プランのある宿

知っていますか?熨斗あわび 贈答品の印に使う「のし」や「のし袋」の「のし」には、 ...

3
三重ブランド!!伊勢海老料理が食べれる志摩の宿

三重ブランド「伊勢海老」とは・・・。 伊勢えびは千葉県以南の太平洋岸に多く分布し ...

4
志摩市志摩町のおすすめ宿泊施設

スポンサーリンク 御座白浜 料理 旅館 高曽 当館お奨めコースでは、丸々と大きく ...

5
伊勢志摩のほっこり温泉宿

伊勢外宮参道温泉 【効能】やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他 * 伊 ...

6
活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾で一番最初に、あおさ海苔の ...

7
うなぎ寿司「しまや」の鰻ご飯に惚れちゃった~in志摩市大王町波切

しまや店主、北尾富美子さんとの出会いは、 伊勢志摩サミット応援事業のとあるサイト ...

8
南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん

三重県の南伊勢町宿田曽漁港は 「日本一の遠洋漁業の町」 看板が物語るかのように昭 ...

9
3種類のカレーが楽しめる三重県松阪市にあるカレー専門「カレーのてちや」

現在進行中のプロジェクトで三重県三重県松阪市小黒田町にある「カレーのてちや」様を ...

10
古民家を改築、大阪から移住した谷藤 さんご夫妻が営むギャラリー&カフェ「手づくり工房 奥伊勢」大台町

自然豊かな三重県多気郡大台町高奈、JR線が走るすぐそばで古民家を改築した建物「手 ...

11
「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週間さらして作る手間隙かけた郷土の味

伊勢市小俣町で昔ながらの伊勢沢庵作りをしている林商店さん 御薗大根のハサ掛けは冬 ...

12
朝が明けて仕事をするのが楽しみ、木と向き合って約60年!! ウッドクラフト廣田、広田利夫さん

三重県多気郡大台町天ケ瀬にあるウッドクラフト廣田 代表の広田利夫さんは木と向き合 ...

 - blog