志摩市磯部町にある、美味しさ 肉の手切り 鮮度 米にこだわる店 『焼肉 六福』

      2016/05/07

清潔な店内、スタッフの接客、そして丁寧に盛り付けられた各種お肉の盛り合わせ!!お肉、タレ、ご飯 すべてに満足!!

001

001
今回は「ファミリー盛り」を注文しました。
国産牛ロース・国産牛カルビ・国産牛ホルモン・国産豚カルビ・国産鶏もも
(3~4人前) 5,480円(税別)

001

メニュー表にも書かれていますが
焼肉といえばカルビ。国産牛を100%使用し1枚1枚包丁でそぎ切りにすることにこだわっていらっしゃいます。
そして注文が入ってから、調味料を調合したタレをもみこんで味をつけていらっしゃいます。
強火で両面をサッとレアで焼くのがおすすめ。

001
タレはテーブルに4種類(みそ・醤油・レモン・ぽん酢)のタレの瓶が備えてありますが
私は用意された器に左から、レモン・みそダレ・醤油ダレに備え付けの器から大根おろしを個のみの分量を取って入れました。
一通りのタレを味わいましたが、焼いたお肉そのものが柔らかくで美味しかったので、最終的にはほとんどレモン汁だけで食べました。
001
大根とエゴマのサラダ 580円(税別)
ボリュームたっぷり! 絶妙な太さにスライスされた大根のシャキシャキとした食感に、コクのあるドレッシングが非常に合っていて美味しかったです。
001
豚キムチチヂミ 680円(税別)
韓国風でカリカリとした部分とフワフワとした部分のバランスがおやつ感覚でもいけそう!
001
でもここはちょっと旦那さんの提案で、豚キムチチヂミの上にカルビを乗せて大根のサラダで仕上げると不思議不思議! 
ハンバーガーより食べにくいけど、ハンバーガーより美味しいではありませんか!
001
子供たちが何度もおかわりした白いごはん。
三重県産のコシヒカリ 炊きたてを提供しておられます。
(写真撮り忘れて、残り少なくなったご飯を慌てて撮りました。)

001

001

店内は、掘りごたつ式のテーブル席と

001

カウンター席がありました。

焼肉 六福 
住所  三重県志摩市磯部町穴川1162-33
TEL 0599-55-1115
営業時間 11:30~14:00
     17:00~22:00(LO21:00)
定休日 年中無休

上記の写真・文=山本智加子

imageプロフィール>> https://www.facebook.com/everything.yamamoto
ゲンキ3ネット伊勢志摩サミット特設サイトにて公開中

おすすめ記事一覧

1
三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。 1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[18 ...

2
今が旬♪ アワビ料理プランのある宿

知っていますか?熨斗あわび 贈答品の印に使う「のし」や「のし袋」の「のし」には、 ...

3
三重ブランド!!伊勢海老料理が食べれる志摩の宿

三重ブランド「伊勢海老」とは・・・。 伊勢えびは千葉県以南の太平洋岸に多く分布し ...

4
志摩市志摩町のおすすめ宿泊施設

スポンサーリンク 御座白浜 料理 旅館 高曽 当館お奨めコースでは、丸々と大きく ...

5
伊勢志摩のほっこり温泉宿

伊勢外宮参道温泉 【効能】やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他 * 伊 ...

6
活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾で一番最初に、あおさ海苔の ...

7
うなぎ寿司「しまや」の鰻ご飯に惚れちゃった~in志摩市大王町波切

しまや店主、北尾富美子さんとの出会いは、 伊勢志摩サミット応援事業のとあるサイト ...

8
南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん

三重県の南伊勢町宿田曽漁港は 「日本一の遠洋漁業の町」 看板が物語るかのように昭 ...

9
3種類のカレーが楽しめる三重県松阪市にあるカレー専門「カレーのてちや」

現在進行中のプロジェクトで三重県三重県松阪市小黒田町にある「カレーのてちや」様を ...

10
古民家を改築、大阪から移住した谷藤 さんご夫妻が営むギャラリー&カフェ「手づくり工房 奥伊勢」大台町

自然豊かな三重県多気郡大台町高奈、JR線が走るすぐそばで古民家を改築した建物「手 ...

11
「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週間さらして作る手間隙かけた郷土の味

伊勢市小俣町で昔ながらの伊勢沢庵作りをしている林商店さん 御薗大根のハサ掛けは冬 ...

12
朝が明けて仕事をするのが楽しみ、木と向き合って約60年!! ウッドクラフト廣田、広田利夫さん

三重県多気郡大台町天ケ瀬にあるウッドクラフト廣田 代表の広田利夫さんは木と向き合 ...

 - blog