安心してください!! 店員のインド人の方は普通に日本語バリバリです!!志摩市阿児町鵜方にある本格インドカレーが食べれるジャハンギールに行った話。

   

image

先日といっても、もうだいぶと前に探偵ナイトスクープという深夜番組でインド人の方が何をしていたかは忘れましたが

その録画番組を見ていた長女が「とうちゃんにそっくりやなぁ~」と言い出した。

今まで、インドネシア系かタイ、フィリピン系と思っていた私の顔は

長女から見るとインド人なのです。

まぁ~その、インド人が作るインド料理が食べれるという店が、志摩市阿児町鵜方の小向井に移転オープンされたのを

知ってはいたがなかなか行けず、今回、初潜入となった次第でございます。

皆さん!!

インド料理を想像すると香辛料がピリッと効いているイメージがありませんか!!??

またインドといえば「映画ムトゥ踊るマハラジャ」しか私の知識にはないこの程度の人間です。

61K6zknMDsLその、この程度の人間と、その嫁がインドの本格カレーが食べれるという、志摩市阿児町鵜方にあるインド料理ジャハンギールに移転後初潜入した。

午後1時30分を回った頃でランチタイムも終わった頃で店内も空席が目立った。

店内はインドカラーというのでしょうか、原色カラーのタペストリーなどが壁面が飾られ

照明も、志摩地方のお盆の仏壇に見られる感じの極楽浄土を思い浮かべるような電球カバーが印象的でした。

はじめて店内に入ったのでしばらくあちらこちらキョロキョロしていると

店員さんのインド人の方が片言で「フ・タ・リ・デ・ス・カァ~」と話しかけてきたので

はっハイと、緊張していたのか、どもってしまった。

とりあえず。窓際の二人席にかみさんと向かい合わせに座る。

私のちょうど頭の上のテレビジョンには「映画ムトゥ踊るマハラジャ」的な映像が流れ店内の天井に設置している

スピーカーから、ややうるさいくらいインド語満載の音楽的なものが流れ、店内はインド感満載なのです。

インドマニアの方にはワクワク感はハンパないものでしょうね。

ここでも、また異国情緒満載の余韻に浸ってしまった。

それはそうと、注文をしなくてはならない。

テーブルに置かれているメニュー表をかみさんと二人でにらめっこする。

IMG_0992[1]

初めて来た店は、とりあえずメニューシステムというか

注文方法が分りにくいですね。

かみさんはAランチ860円で、シーフードカレーを選択。

私はBランチ1080円でサグチーズ(ほうれん草とチーズのカレー)を選んだ。

Aランチはサラダ・ライタ(甘酸っぱいけど甘味臭のあるヨーグルト味のもの)
カレーを選ぶ・ナンまたはライス・ドリンクもコーヒー、チャイ、オレンジジュース
ウーロン茶から選ぶようになっている。
BランチはAランチにパパド(米粉せんべいのようなもの)・タンドリーチキンが追加されていました。
IMG_1009[1]
上記写真は私が注文したBランチです。

店内の置くにある厨房付近からインド人の店員さんがチラチラとこちらを見ているので

すっすんませぇ~んと声をかけて、それぞれの料理を注文した。

厨房の奥ではパタパタと慌しく音が聞こえる。

たぶん、ナンをなんとかしているのでしょう(ダジャレ(笑))

数分後にAランチ・Bランチと登場。

なっなぁ~んとナンがデッカ~~~イっ!!(再ダジャレ(笑))

IMG_1005[1]

顎をシャクレにしてアントニオ猪木の顔真似をついしてしまう。

そしてなんと驚きの連続です、カレーが辛くないのです!!

マジですか!!??

そうなんです!!

マジなんです!!

インドのカレーはなんと!! 薄味です!!

子どもの頃からイカの塩辛やらカマスの塩辛などを食べてきた

私にはこの薄味のルーは物足りない感じでした。

ショックというかこれが本当のカルチャーショックなんでしょうね。

これはインド人じゃなくて日本人もビックリです!!

想像していた激辛のイメージじゃないのです!!

ホンマにビックリです!!

ここで提案です。ココイチのように辛さを選べるのがいいんじゃないかと

偉そうなことを抜かしつつ・・。

しか~し、あのバカでかい、ナンは美味しかったです!!

また食べとうなります。

また店員さんも愛想がよくて異国情緒も楽しめて志摩市で本格インド料理最高ですね!!

他にも単品的なメニューもありましたので次回はそちらも食べとうなりました。

追伸・・・安心してください!!インド人の方は普通に日本語バリバリです!!

さらに追伸です・・・メニュー表の裏にCランチがあるのを食べ終わってから気づきました。
まぁ私のようなインド料理初心者の方はAかBでいいんじゃないでしょうか(笑)

ジャハンギール (JAHANGIR)
三重県志摩市阿児町鵜方4956
TEL:0599-43-7073
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ  ←ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/

おすすめ記事一覧

1
三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。 1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[18 ...

2
三重ブランド天然とらふぐ、あのりふぐが食べれる宿

三重ブランド「あのりふぐ」とは・・・。伊勢湾を含む遠州灘から熊野灘にかけての海域 ...

3
三重ブランド!!伊勢海老料理が食べれる志摩の宿

三重ブランド「伊勢海老」とは・・・。 伊勢えびは千葉県以南の太平洋岸に多く分布し ...

4
志摩市志摩町のおすすめ宿泊施設

スポンサーリンク 御座白浜 ニューさざ波 志摩半島先端、御座白浜に料理自慢の素朴 ...

5
伊勢志摩のほっこり温泉宿

伊勢外宮参道温泉 【効能】やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他 * 伊 ...

6
活魚問屋丸保商店お取り寄せサイト開設のお知らせ。

地元、志摩市にある三重県立水産高等学校を卒業後、英虞湾で一番最初に、あおさ海苔の ...

7
うなぎ寿司「しまや」の鰻ご飯に惚れちゃった~in志摩市大王町波切

しまや店主、北尾富美子さんとの出会いは、 伊勢志摩サミット応援事業のとあるサイト ...

8
南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん

三重県の南伊勢町宿田曽漁港は 「日本一の遠洋漁業の町」 看板が物語るかのように昭 ...

9
3種類のカレーが楽しめる三重県松阪市にあるカレー専門「カレーのてちや」

現在進行中のプロジェクトで三重県三重県松阪市小黒田町にある「カレーのてちや」様を ...

10
古民家を改築、大阪から移住した谷藤 さんご夫妻が営むギャラリー&カフェ「手づくり工房 奥伊勢」大台町

自然豊かな三重県多気郡大台町高奈、JR線が走るすぐそばで古民家を改築した建物「手 ...

11
「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週間さらして作る手間隙かけた郷土の味

伊勢市小俣町で昔ながらの伊勢沢庵作りをしている林商店さん 御薗大根のハサ掛けは冬 ...

12
朝が明けて仕事をするのが楽しみ、木と向き合って約60年!! ウッドクラフト廣田、広田利夫さん

三重県多気郡大台町天ケ瀬にあるウッドクラフト廣田 代表の広田利夫さんは木と向き合 ...

 - blog