伊勢志摩鳥羽のレストラン飲食店

地物使った「くまの丼」 熊野の飲食店、26日からフェア

熊野市内の飲食店が、地物を使った創作料理を提供する「くまの丼」フェアが、
二十六日から始まる。
伊勢神宮の式年遷宮に合わせた新企画で、観光客の呼び込みを図る。  
和食、中華、イタリアンの計十五店が参加。
魚醤(ぎょしょう)で味付けしたマグロ丼やサンマのひつまぶし、地魚丼など海の幸を
生かしたメニューが半数を占める。
めはりずしに使われる高菜に卵を交ぜたカルボナーラ丼や、熊野地鶏や岩清水豚など
肉メーンの丼も注目を集めそうだ。 
地産地消のメリットを生かし、値段は七百円から千五百円と低く抑えた。
ご当地丼は全国的に相次いでおり、熊野市も「美食のまち」として売り出す。
美熊野牛などを使った丼を提供する「割烹ひかり」店主の森中一好さん(63)は
「腕によりをかけてグルメ客を迎えたい」と力を込めた。
高菜を卵と組み合わせたカルボナーラ丼 フェアは来年三月末まで。
問い合わせは
熊野市集客倍増・おもてなしアップ推進会議
(事務局・市観光スポーツ交流課)=電0597-89-4111へ。

○くまの丼とは?1 熊野地域の地元食材をメインに使用した丼(例:地魚、熊野地鶏、美熊野牛、
 紀和牛、たかな漬け等)2 和食・洋食等のジャンルは問いません3 価格設定は自由です4 丼は可能な限りオリジナルなものとしてください○参加の条件1 熊野市内に店舗があること 2 原則として休日等に営業していること 3 「くまの丼」の基準を守れること4 期間中は継続して参加できること

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢の老舗バー「レシピ」、古民家を再生し伊勢神宮外宮近くに移転
  2. 太田食堂の中華そば絶品!! i n鳥羽市相差町千鳥ヶ浜
  3. 【三重県】奥伊勢・アユ料理専門店「清流茶屋」、10周年でアユの塩…
  4. 豊橋カレー風カレーうどん in 手打うどん「かめ吉」
  5. 「伊勢うどん」に「伊勢エビ」の天ぷら-創業90年の老舗「まめや」…
  6. 伊勢志摩「パールポーク」の角煮入りラーメン-「なんでんかんでん」…
  7. 多気町「難しいけど楽しい」世界の高校生、すし握る
  8. 特製エビフライ定食/ファイブ/三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP