伊勢志摩鳥羽のトピックス

「長谷川邸」を松阪市に寄贈へ

江戸時代の豪商・長谷川家が松阪市魚町、殿町に所有する邸宅「長谷川邸」が四月から、正式に市の所有となる。現地で十三日、十四代目当主の長谷川俊さん(57)=東京都在住=と山中光茂市長が寄贈の覚書に調印した。

 市は新年度、文化財調査や古文書調査を継続するとともに毎月一回市民に公開。活用方法を市民とともに検討する計画で、長谷川邸を中心にした歴史、文化のまちづくりが本格的に動きだす。

 長谷川家は、三代目当主の政幸が江戸大伝馬町に木綿仲買商「丹波屋」を開業。現在も東京・日本橋で「マルサン長谷川」の屋号で営業を続ける。

 市教委文化課によると、長谷川邸の母屋中心部分は江戸時代の元禄期(十七世紀末)に建てられ、明治から大正にかけて増築されたとされる。当時の姿をほぼそのまま残し、二万点を超える古文書や生活道具、商業資料などが実在するのは、伊勢商人の中で長谷川邸だけ。

 市に寄贈されるのは土地四千六百八十八平方メートルと居宅、土蔵、茶室など三十九棟。駐車場は市が購入する。市は木綿振興や飲食、物販などの観光拠点に整備していく。調印式で、山中市長は「江戸時代の文化や活気が伝わる拠点にしていきたい」と展望を語った。

 この日は政幸の命日で、床の間には「雛(ひな)を養いて大鶴(たいかく)と成す 種子を作りて高松となす」と書かれた自筆の漢詩が展示された。長谷川さんは掛け軸を紹介し「今は種かもしれないが、市長や市民に大きく育てていただき、高い松になれば本望です」と期待した。

 (戸川祐馬)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「斎王制度にご興味」 両陛下、斎宮歴史博物館を見学
  2. 日台観光サミット、志摩市で5月開催
  3. 外宮奉納の品並ぶ 伊勢神宮で市 カキやミカンなど35業者
  4. 伊勢志摩の宿桧扇荘-DX海鮮会席プラン
  5. 多気町 台北の中学と交流へ 金華国民中学校長が快諾
  6. 関空、出雲大社と伊勢神宮の大型写真を到着導線に常設展示
  7. 49年前の東京五輪出場者が再開催祈願 伊勢神宮
  8. 伊勢志摩ぐっと近く 阪神三宮駅で直通特急の出発式

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事