伊勢志摩鳥羽のトピックス

水に溶ける唐辛子 人気 「うれし野ラボ」が商品化

液体に入れるとさっと溶ける-。

松阪市嬉野新屋庄町の化粧品・食品開発会社「うれし野ラボ」が商品化した

調味料「辻さん家(ち)のとける唐辛子」が、

風味を損なわず、そのままの唐辛子の味が楽しめるとして人気だ。
 

松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファーム内の飲食店「和の香り」。

各テーブルにこの商品が置かれ、うどんやみそ汁などに自由に使える。

「普通の一味唐辛子だと、おわんの底に沈んでしまうけど、

これはちゃんと溶けるので最後まで汁の味が変わらず、

辛い物が好きな人にうってつけ」と担当スタッフの林良美さん。

同園の特産品売り場でも販売しており、月に十本以上売れるという。
 

商品は唐辛子の辛味成分「カプサイシン」などを抽出した油分のエキスを、

顆粒(かりゅう)に閉じ込めた。

うどんやそばなどの汁物のほか、煮込み料理や炒め物にも合うという。

日本酒や焼酎などに入れても楽しめる。

液体に溶けるのは、顆粒に「レシチン」という物質を含ませているから。

油と水を混ぜ合わせるレシチンの働きから、

水の中でエキスがナノ(百万分の一ミリ)単位の細かい粒となって分散するため、

味が直接舌に届き、唐辛子自体が持つ辛さやうま味を感じられる。

レシチンは、うれし野ラボの親会社の辻製油が、

大豆油を製造する過程で副産物として出る。 

二〇一一年三月に販売を開始。

インターネット上で注文を受けているほか、県内の高速道路のサービスエリアや

道の駅などの特産品売り場で販売している。

徐々に売り上げを伸ばし、現在は年間一万五千本に達している。

新聞やテレビなどに取り上げられて、県外からの注文もあるという。
 

うれし野ラボは同じシリーズでショウガとユズの調味料も展開。

価格はいずれも八百円。

同社マーケティング室の室長林宣公(よしたか)さん(54)は

「ほかの企業にはできない技術を駆使した自慢の商品。

ぜひ使用して、料理の幅を広げてもらいたい」と話している。

問い合わせは同社=電0598(48)0036=へ。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20130121/CK2013012102000015.html

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 遷宮機に観光アピール(2) 三重県・来春から大型観光CP
  2. 遷宮年、首都圏誘客に力 知事、県ゆかり省庁関係者にPR
  3. 度会町 河川敷に〝根性スイカ〟 宮川、肥料もなく自生
  4. リアル「あまちゃん」に会いに行く!鶴瓶の家族に乾杯「小池徹平 三…
  5. 海女の文化守ろう…三重県教委が保存会設立へ
  6. “伊勢うどん”がやわらかいワケ… すべてはタレのため!
  7. ザ・ドブ板選挙⑤
  8. 三重県明和町 平安前期の建物復元へ 斎宮跡柳原区画で3棟

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP