blog

グリルエドイチ・村岡シェフのそこ笑うの巻

亡き父、ヤマハリゾート総料理長、村岡諒一氏が
転勤を機に、村岡家は徳島から鳥羽へ移住する。
祖父母は徳島の「江戸一」を閉め、志摩で「エドイチ」を開業する。
一方、社会人になった義文氏は大好きな車関連の会社に勤める。
その後、車好きの義文氏は1回乗ってみたかったという大型トラックに乗る。
東京へ荷物を運ぶために運転中の義文氏に嫁さんからの電話で
「あんたエドイチやってみたら」の一言で運転手をあっさり辞め、翌日にはエドイチの厨房でおじいさんの手間とりをはじめる。
嫁さんの言うことをちゃんと聞く義文氏である。

小学生の頃、お腹がすいた義文氏は金ちゃんヌードルをそのまんま鍋に入れるという超天然ぶりを発揮する。
料理一家に育ちながら皿洗いひとつも出来なかった超天然の義文氏の波乱万丈のエドイチライフが始まった~。
料理は見て覚えよと祖父から教えられ叱られながらも見様見真似で料理を作った。
そんな中、義文氏がエドイチに来て一年後に祖父が他界する。

その頃、元気なお婆さんがメディアで紹介されたり、志摩スペイン村や合歓の潮騒の湯が開業となり沢山のお客様でエドイチはバブルの大盛況が続いていた。
祖父の他界後、白髪の男性がエドイチへ通うようになる。
その男性は月一回訪れ料理を食べてすぐ帰る。
1年後にその白髪の男性が初めて義文氏に口にした。
「おじいさんの味に近づいたな」
と言って、それ以来その男性は訪れることはなかった。
後から人伝えに聞いた義文氏は祖父の遺言だった事に気づいた。
ここは泣くところであるし、これは映画にできそうな話であるが義文氏は笑う。
時代の変化に流されず今もなお祖父の味を守り、当時の味をそのままを受け継ぐ村岡義文シェフ。
この超天然さが俺にはカッコイイ~。

グリルエドイチ
〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方1089
tel:0599-43-1319
https://grill-edoichi.com/
GoToイート加盟店
地域共通クーポン加盟店
志摩市プレミアム付商品券取扱店

#志摩市洋食店
#三重県洋食店
#志摩市ランチ

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢市宇治浦田のお店、レストランを探す
  2. おひなさまめぐりin二見
  3. イベリコ豚専門店旨家どんぐり
  4. 三重県伊勢市の新道商店街において、第2回ワインフェスタ三重があり…
  5. 合歓の木フラ in 志摩地中海村
  6. 伊勢志摩産のシッタカ(尻高)酒の肴に最高です♪
  7. 賢島大橋は本当に封鎖されているのだろうか!!??【動画あり】
  8. 今が一番旨いっ♪ 三重の天然トラフグ、ブランド河豚の「あのりふぐ…

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com