三重ブランド!! 的矢かきが食べれる宿

三重ブランド「的矢かき」とは・・・。

1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[1887年~1984年]は、志摩半島の入り江のひとつ、的矢湾に佐藤養殖場を設立、牡蠣の養殖に着手しました。
志摩半島の山を水源とする3本の川が流れ込み、プランクトンが豊富で栄養豊かな海水と、波の静かな湾内が牡蠣の養殖に最適であることを見抜いた佐藤氏は、1927年(昭和2年)に現在の養殖形態のもとになる筏(竹)を使用して1年カキを養殖し、翌1928年(昭和3年)に本格的な経営に着手するとともに、1930年(昭和5年)に貝類の研究及び湾内の観測のため、的矢湾養蛎研究所を設立しました。
1953年(昭和28年)には紫外線利用によるカキ浄化法を開発、1955年(昭和30年)に特許を取得し、「清浄的矢かき」として販売を開始しました。以来、的矢湾の自然環境に調和した養殖法と浄化技術により、高品質なカキを生産しつづけています。
佐藤養殖場では、プランクトンが豊富な漁場環境を生かして、他県では2~3年間養殖するカキを1年で出荷するため、1年貝特有の渋みが少なく甘味が強いカキが生産されています。また、垂下しているカキを出荷の1ヶ月ほど前に一度海から引き上げ、一粒づつ籠に入れて再び約1ヶ月養成するため、身入りがよく、むらのないカキが生産されています。
東京、関西など全国の約700のレストラン、ホテル等に直接出荷されており、その品質への高い評価から、他所で生産されるカキよりも高値で取り引きされています。。

三重ブランド「的矢牡蠣」がお家で堪能できる通販サイトはこちら>>

的矢かき料理の宿ピックアップ!!

的矢かき料理 まごころの宿丸定
的矢かき料理 まごころの宿丸定
的矢カキに代表させる的矢湾は新鮮な魚介の宝庫です。
新鮮な素材を使ったお料理に私たち夫婦が中心となって、家庭的なきめ細かいサービス、手ごろな料金をモットーに頑張っています。

的矢かき料理の宿ラインナツプ!!

名代的矢かき料理の宿 いかだ荘山上

【クチコミ夕食部門4.9】的矢牡蠣フルコース料理が自慢の宿

牡蠣の宿に夜の灯りが灯る

部屋や露天風呂から見渡す的矢湾の絶景と『的矢かき』のフルコース料理が自慢。クチコミ夕食4.9記念プランも好評!名物的矢牡蠣料理は10月中旬からスタート。おもてなしの心あふれる寛ぎの宿

【住所】 三重県志摩市磯部町的矢883-12

【チェックイン】 15:00   【チェックアウト】 10:00

【じゃらん限定】【クチコミ夕食4,9】的矢かきづくし+伊勢エビ&松阪牛も”食”にこだわる贅沢プランでの予約はこちら>>
【美味厳選】的矢かき+三重3大味覚<伊勢エビ&鮑&松阪牛>を愉しむでの予約はこちら>>
【新ブランド・伊勢志摩プレミアムオイスター】生牡蠣食べ比べ&的矢かきづくしでの予約はこちら>>
【色々食べれる】的矢かきと伊勢海老&活き造り付き海鮮たっぷりプランでの予約はこちら>>
【定番人気】活き造り付き 的矢かきづくしプランでの予約はこちら>>

最新記事

PAGE TOP