三重ブランド天然とらふぐ、あのりふぐが食べれる宿

三重ブランド「あのりふぐ」とは・・・。

伊勢湾を含む遠州灘から熊野灘にかけての海域で漁獲される体重700グラム以上の天然トラフグのことで、志摩の国漁業組合の安乗(あのり)漁港を中心に水揚げされることから「あのりふぐ」と呼ばれています。
漁師たちは延縄という方法で、ふぐを釣り上げています。
釣った際もひと肌からのやけどを防ぐよう、魚体にはなるべく触れずに船内の水槽に入れられたっぷりの海水の中でストレスも少ないまま、安乗漁港へと届けられます。
漁港では、漁港スタッフや仲買人が船着き場で待ち受け、釣漁船が揃った段階で『船入札』が行われます。
この船入札も魚体になるべく触れないようにする海の男たちの知恵です。
船入札は一艘一艘、そして手際よく進められ、買い付けたトラフグは、傷がつかないよう、ゴム製の網でスピーディーに運ばれ、ブランドフグならではの丁寧で特長ある入札が行われています。
魚に対する愛情を感じる光景といえます。

とらふぐ漁は深夜に出漁し日の出と共に漁ははじまります。「あのりふぐ」の漁は「延縄」と呼ばれる漁法で行います。「延縄」はマグロ漁などで用いられる漁法で、「幹縄」と呼ばれる長いロープに、一定間隔に釣針が付いています。
延縄の長さは数キロメートルに及びます 。深夜、漁港を出た漁船がそれぞれの漁場に着くと、日の出を待って一斉に漁が始まります。
寒風が吹きつける冬の海で、釣針ひとつひとつに餌を付けながら延縄を海に仕掛ける作業は大変厳しいものです。
延縄を仕掛け終わり、しばらくすると 引き上げ作業にかかります。
ゆっくりと延縄を引き上げると、一匹、また一匹と海中から白い腹を一杯に膨らませた「とらふぐ」が海面に現れます。
潮焼けした漁師たちの顔に嬉しそうな表情が浮かぶ一瞬です。
釣り上げられたあのりふぐは、イケスの中で噛み合って魚体に傷がつかないように、するどい歯を切り取ってからイケスに入れられ、入札にかけられます。

あのりふぐ関連サイト

志摩市阿児町安乗のあのりふぐ協議会ホームページや安乗岬旅館組合ホームページ、安乗宿屋の五人衆ホームページなとで三重ブランドあのりふぐの奥深さや各サイトでのあのりふぐに対する取り組みなどが詳しく掲載されております。

あのりふぐ料理の宿ピックアップ

伊勢 志摩 安乗岬 料理旅館 富久潮ふくしお
あのりふぐの宿 富久潮(ふくしお)
魚の王様『あのりふぐ(とらふぐ)漁』最盛期!! です。獲れたて新鮮な歯ごたえ食感最高の天然のとらふぐ、あのりふぐの美味しさが一段と増してくる時期になりました。

活魚問屋直営の宿 まるやす
活魚問屋直営の宿 まるやす
活魚問屋だからできるこの価格!! 鮮度!! 今が旬の三重ブランド、天然とらふぐ、あのりふぐを食べれる活魚問屋直営の料理旅館

岬の宿 磯崎(いそざき)
岬の宿 磯崎(いそざき)
今が旬の三重ブランド、天然とらふぐ、あのりふぐを食べれる料理旅館です。安乗岬の最先端にある夕日が部屋から見れて潮騒の音が聞こえる宿です。

くつろぎの小さな宿 おおなみ
くつろぎの小さな宿 おおなみ
秋、冬は、三重ブランドの「あのりふぐ」(天然トラフグ)、あわび、伊勢えびが食べれる1日3組の客室5部屋の小さな癒しの宿。

料理旅館魚元(うおもと)
料理旅館魚元(うおもと)
長年仲買人として鍛えた「素材を見る目」で、素材にこだわった海鮮料理をお楽しみ下さい。

伊勢志摩・安乗崎 佳景の宿 かねよ
伊勢志摩・安乗崎 佳景の宿 かねよ
あのりふぐ料理と地魚料理はかねよ旅館におまかせ。水平線から昇る朝日をすべての部屋から見ることができます。

あのりふぐ料理の宿ラインナツプ!!

最新記事

PAGE TOP