カレー・ハンバーグ

てちや

三重県松阪市小黒田町403-3
三重県を代表する食肉を使ったカレーが常連客に人気を集めている。ビーフカレーには高級和牛で知られる「松阪牛」のすじ肉を、ポークカレーには玉城町産ブランド豚の「玉城豚」を、チキンカレーには木酢酸を入れた専用飼料で飼育した度会郡大紀町産の「奥伊勢七保どり」を使用。小麦粉は使わず、みじん切りした大量のタマネギを炒め独自配合でブレンドした24種類のスパイスを入れ、3種類のカレーはそれぞれ松阪牛、玉城豚、奥伊勢七保鶏の骨から取ったスープを使用する。
詳細はこちら>>

キッチン クック

伊勢市岩渕2-7-29
ドライカレー、伊勢B級グルメの王様。
伊勢のソウルフード、ドライカレー。津の長崎屋ラーメンのような貴重なお店。
ドライカレーの上にカレーをかけるというヘビーな食べ物。
この30年で何十万人の中毒者を出してしまったことでしょう。
客の8~9割がこれを注文します。大盛りがまた一段と多い!。
さらにカツを乗せるドライカツカレーもあります。
お昼はランチもやってます。600円とまた安い!

プティレストラン宮本

志摩市阿児町鵜方3127-2
お子様から年配の方まで手作りの洋食を気軽に食べていただけるためにカレー等がある一般洋食料理です。地元有名ホテルで修行したシェフはこの道45年のベテラン料理人で、小さいレストランである料理は一つ一つが手作りの味にこだわっています。又地元でとれる海の幸やポーク等食材を使い一つ一つ仕上げていく店でランチセット又カレー、スパゲティーから高級アワビステーキ、伊勢海老料理等幅広くメニューを用意しています。一度食べれば忘れられない味、また来たいと思っていただける店をめざしています。予約もOKです。

ジャハンギール

志摩市阿児町鵜方2969-3
志摩店は、松阪店、名張店に次いで3店舗目。カレーやナン、羊のひき肉のくし焼き(シシカバブ)、鶏肉料理のタンドリーチキンなどのパキスタン・インド料理を提供する。 ジャハンギールさんは4人兄弟の三男。約20年前に来日し、11年前に松阪に開店。口コミでカレーのおいしい店として評判を集める。志摩店は長男のアリさんが店長として就く。 「人気」(ジャハンギールさん)は、サラダ、パパド(豆の粉を揚げたチップス)、サモサ(インド風春巻き)、タンドリーチキン、カレ-、ナンなどが付く「タリーセット」(1,470円)。カレーは、チキン、ビーフ、マトン、シーフード、野菜の25種類がメニューに並ぶ。ナンは注文が入ってから焼き上げる。ランチタイム(11時~14時30分)にはAランチ(840円)、Bランチ(1,050円)、Cランチ(1,260円)を用意する。 ジャハンギールさんは「日本に来た時は言葉の壁に苦しんだ。言葉通り毎日『壁』としゃべっていた(笑)。何を言っているかわからないから『ありがとうございます』としか言えなかった。今では大阪が大好きで関西弁になってもうた(笑)」と来日当時を振り返る。 営業時間は11時~22時30分。
伊勢志摩経済新聞より

ナッツベリー

伊勢市黒瀬町859-3
それほど大きなお店ではないのですが、入ると席数はかなりあります。うまく設計されていて、あまり他の人が
気にならず落ち着いて食事が出来ます。ここはハンバーグが有名ですが・・・
正直なところ、それほどハンバーグ自体が美味しいとは思いません。
ただ、付いてくる野菜炒め(もやしとたまねぎ)の量がハンパじゃありません。
大げさでなく、山盛りなのでとても食べ切れません。
でも、これが美味しいんだなぁ・・・。
それと、おススメなのはランチメニューのカラアゲ&ハンバーグのセット。
カラアゲも大きいのが4個も付いてくるんだけどこのカラアゲが美味しいです。
しかし、ご飯はあまり美味しくないです。
ランチだとドリンクとデザートも付いてとってもお得です。

百福

伊勢市上地町2691-19 問屋センター
レストランの形式は、ハンバーグまたはオムライスなどの洋食メニューを注文すると、サラダバー食べ放題がついてくるよくあるスタイル。ほかと差別化される点は、炭焼き黒毛和牛ハンバーグが、安価で食べられるってところかな。
三種類から選べるソースからお薦めの醤油ベースのものを選択。
あかあかとしたレアでジューシーなハンバーグは絶品。
ランチならこのハンバーグが、140g1039円、180g1354円、220g1564円 で食べれます。
これだけ美味しいなら140gでも満足できるかも。
また今度は夜に利用してみたい。

最新記事

PAGE TOP