伊勢志摩鳥羽のトピックス

「住みます芸人」熊野古道170キロ踏破に挑む


熊野古道挑戦中に持ち歩く「幸結びのヒモ」とのぼりを手にする石井肇さん(左)と彰さん=三重県庁で
写真=中日新聞

熊野古道の世界遺産登録十周年を記念した県のイベントで、津市出身の双子のお笑い芸人「カツラギ」が、県内百七十キロの熊野古道踏破に挑む。十三日に県庁で発表会があり、連続十日間で歩く道のりに不安をのぞかせつつ「頑張ります」と抱負を語った。
 石井肇さん、彰さんの二十六歳の兄弟コンビ。所属する吉本興業が全国に派遣する「住みます芸人」の三重県担当として四月から活動している。
 二人が挑むのは、伊勢神宮内宮(伊勢市)から紀伊半島東岸を南下し、熊野三山の一つ、熊野速玉大社(和歌山県新宮市)までの道のり。六月二十一日から毎日歩き、十日間で踏破を目指す。
 鈴木英敬知事から「歩くだけではおもんないので」と注文を受け、百七十人を目標に途中で出会った人と、紅白の「幸結びのヒモ」を持って一緒に記念撮影し、のぼりにメッセージも書いてもらうことになった。
 二人の挑戦の様子は吉本興業のホームページ「YNN47LIVE」上で期間中毎日、動画とブログで紹介される。
 一般の参加者が同じく百七十キロを踏破するイベントもある。六月二十一日に出発し、土日を利用して十四回に分けて歩き、十一月三十日にゴールする。
 費用は一回五百円。各回だけの参加も可能。二十三日から募集する。問い合わせは、県東紀州振興課=電059(224)2193=へ。


世界遺産登録10周年を記念し、内容を充実したガイド本
写真=中日新聞

◆情報充実ガイド本一新
 熊野古道の世界遺産登録10周年を記念し、ガイド本「幸結びの路」がリニューアルして発行された。記念イベントや詳細な交通情報を追加し、新たに10ページ増やした。
 A4判、16ページ。尾鷲市や紀北町など地元5市町でつくる実行委が8万5000部を作成した。
 追加ページには、尾鷲市の「おわせ港まつり」など、10周年を記念して内容を充実した東紀州のイベントを紹介。古道参拝に合わせて地元を満喫してもらおうと、行事カレンダーや海水浴場、魚市場の情報も掲載している。地元のバスやタクシー会社、貸自転車といった交通情報も充実させた。
 県内各市町の窓口で無料で手に入り、道の駅や高速道路のサービスエリアでも配布する。問い合わせは、東紀州地域振興公社紀北事務所=電0597(23)3784=へ。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩市観光協会と元事務局長和解
  2. 鳥羽港に「にっぽん丸」 鳥羽市観光協会がセレモニー
  3. 伊勢に「来たモン」みんなのアイドル
  4. 従業員に市長説明 松阪競輪、廃止の方向へ
  5. 「海女漁、誇りとなる」 県指定文化財認定書交付式 三重
  6. 三重県舞台の『ルート42』が上映開始 関西3館で関連フェアも
  7. isesinbun 度会町 河川敷に〝根性スイカ〟 宮川、肥料もなく自生
  8. 緊急事態・・・・伊勢海老が不足しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com