伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢神宮・御園祭 農業の発展祈る

伊勢神宮の供え物となる青果を育てている伊勢市二見町溝口の神宮御園で二十一日、毎年恒例の御園祭(みそのさい)があった。神職と耕作に携わる技師の作長、作丁ら約十人が奉仕し、鷹司尚武大宮司や鈴木健一市長などが参列の下、豊かな実りや耕作の安全、全国の農業の発展を祈った。

 ダイコンやミズナなどの葉が青々と茂った園地に祭場が設けられた。午前十時ごろ、肌寒い風が吹く中で始まり、神職が祝詞をささげて参列者が玉串を奉じた後、黄色い布衣(ほえ)の装束に身を包んだ耕作責任者の山口剛作長が、畑の前に進んで左、右、中央と三回、くわを振った。

 山口作長によると、園地では約三十種の野菜と約二十種の果物を育てている。先月の大雪で一部のビニールハウスの屋根が曲がったが、作物への直接的な被害はなかった。生育は寒さのために遅れているが、祭典には影響ないという。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 健やかな成長を 伊勢の二見興玉神社 こいのぼりの奉製作業着々
  2. 神宮奉納大相撲に向け力士ら伊勢入り
  3. 多気町 台北の中学と交流へ 金華国民中学校長が快諾
  4. アカウミガメ産卵確認 三重県、志摩で今季初
  5. 敷地で栽培、客に還元 鳥羽カントリークラブ
  6. 三重県へのUターン(Iターン)求人紹介セミナーの開催
  7. アコヤ真珠と小田巻とのコラボのブレスレット完成
  8. 「海女漁、誇りとなる」 県指定文化財認定書交付式 三重

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP