伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢神宮・御園祭 農業の発展祈る

伊勢神宮の供え物となる青果を育てている伊勢市二見町溝口の神宮御園で二十一日、毎年恒例の御園祭(みそのさい)があった。神職と耕作に携わる技師の作長、作丁ら約十人が奉仕し、鷹司尚武大宮司や鈴木健一市長などが参列の下、豊かな実りや耕作の安全、全国の農業の発展を祈った。

 ダイコンやミズナなどの葉が青々と茂った園地に祭場が設けられた。午前十時ごろ、肌寒い風が吹く中で始まり、神職が祝詞をささげて参列者が玉串を奉じた後、黄色い布衣(ほえ)の装束に身を包んだ耕作責任者の山口剛作長が、畑の前に進んで左、右、中央と三回、くわを振った。

 山口作長によると、園地では約三十種の野菜と約二十種の果物を育てている。先月の大雪で一部のビニールハウスの屋根が曲がったが、作物への直接的な被害はなかった。生育は寒さのために遅れているが、祭典には影響ないという。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. コロナ緩和で、3月12日まで参加者募集 「志摩ロードパーティ ハ…
  2. あべ静江チャリティコンサート &松阪ええもん発表会
  3. アシカの赤ちゃん誕生 鳥羽水族館
  4. 天然トラフグあのりふぐが美味しい季節になりました
  5. 国道42号が舞台の青春ロードムービー「ROUTE42」、三重県内…
  6. 「ど根性ビワ」今年も豊作 三重県尾鷲市、すき間3センチから幹
  7. ご神体を厳かに遷座 津・香良洲神社
  8. 四季さかなより【たこ飯セットのご案内】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com