ブログ記事

「餡とマヨネーズがコラボしたパン」田中製パン所 | 三重県南伊勢町田曽浦

昭和30年~40年ごろが最盛期で70~80隻ものカツオ・マグロ船が何万トンもの水揚げを誇っていた「日本一の遠洋漁業の町」三重県南伊勢町宿田曽。
その田曽地区のメイン通りにある老舗のパン屋、田中製パン所に「餡とマヨネーズがコラボしたパン」があるという情報を聞きつけ取材に出かけた。
店舗には看板はないので迷うが、ほのかに漂う焼きたてのパンの香、軒先に「本日は焼たて、ぱん出来ました」の目印で分かった。
店主の田中弘司さん(84歳)と奥様のよ志子さん(75歳)、夫婦二人三脚で店を切り盛りしている。
毎週日曜日にパンを販売するために、早朝4時頃から製造しているという、
田中さんご夫婦がお店を開いたのは伊勢湾台風の翌年、昭和35年からだそうです。当時はカツオ・マグロ漁が盛んで人口も今では考えられないぐらい多くて、
小中学校などの学校給食にも約700食のパンを納めていたそうです。
早速、車内で「餡とマヨネーズのコラボパン」を頂く、餡のやさしい甘さとマヨネーズとは思えないまろやかさもあり、しっとりしたパンと相性のよく合う食感。
これは癖になるパンを見つけてしまったぞ。
奥様曰く、クチコミで伊勢方面からお目当てのパンを買いに来ていただける方もいるとの事です。
無添加にこだわり毎週日曜日にしか食べれないお手頃価格の貴重な田中パン。
他にも黒糖を使用したパンやクリームパン、うぐいすパンなど昭和の雰囲気満載の商品がラインナップされている。
 
またこれからの時期、田舎あられの製造販売の繁忙期で、こちらも人気の商品だそうです。
 
高齢化率、県下ナンバーワンの南伊勢町だそうだが
元気でまだまだ働いている高齢者率もたぶんナンバーワンじゃなかろうか。
 
 

田中製パン所
三重県度会郡南伊勢町田曽浦3567
電話: 0599-69-2177
この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 賢島大橋は本当に封鎖されているのだろうか!!??【動画あり】
  2. 志摩エンタメ祭
  3. インターネットマーケターとしての最初の1年間を乗り切る方法!
  4. 第2回 志摩S1グランプリ!! エントリーNo S-7 伊鈴屋…
  5. 米モルガン、ネット証券を買収 約1兆4000億円で、個人向け強化…
  6. 宿田曽漁港で伊勢海老の初水揚げと入札
  7. 伊勢えび祭で有名な志摩市浜島町で伊勢海老天丼を食べさせてくれるお…
  8. 伊勢名物の虎屋ういろ・内宮前店限定の本葛バー

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com