ブログ記事

日本三大御田植祭 磯部の御神田

御田植祭は、古くから寺や神社、皇室などが所有する領田で豊作を祈念する行事です。
田植えを行ったり、地域の芸能などを加えたりします。中でも有名な、志摩の「磯部の御神田」、
千葉の「香取神宮御田植祭」、大阪の「御田植神事」を「日本三大御田植祭」と言います。

毎年6月24日に志摩市で開催される磯部の御神田(おみた)での場面です。まずは写真からご覧ください。

竹取神事の動画もYouTubeへアップしておりますので是非ご覧ください。

01

01

01

01

01

01

01

01

白真名鶴(しろまなづる)の伝説がその起源と伝えられる伊雑宮御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)
天照大神(あまてらすおおみかみ)にお供えする幸を求めて、倭姫命(やまとひめのみこと)の一行が訪れたとき、一羽の「白真名鶴」が見事な穂を落としたとされ、これを備えて造られた宮が現在の伊雑宮(いざわのみや)だと伝えられています。

◆祭りの次第◆
・拝礼
やくびとが祭りの成功を祈願して参拝とお祓いをする。

・苗取り
田道人と早乙女が苗場を3周半回って苗を取る。

・竹取神事
神田の中央に設置された、「太一」と書かれたうちわ(ゴンバウチワと称する)のついた忌竹(いみだけ)を男が奪い合う。この竹の一片を船に祀れば豊漁となると伝えられるため、男たちは荒々しい奪い合いを繰り広げる。
image4

・御田植神事
笛や太鼓の演奏の中、早乙女と田道人(たちど)が横一列になって苗を植えて行く。半分ほど植え終えたところで、やくびとに酒が振る舞われる。

・踊込み
休憩を挟んだ後、「エイエイシャントセー」という踊り込み歌を歌いながら、神田から伊雑宮一の鳥居までの約200mを2時間かけて練り歩く。歌詞は地区ごとに異なる。一般にはこれにて祭りは終了と思われている。

・千秋楽の仕舞
太鼓と簓によって舞われる舞。

上記の写真・文=山本智加子 勤務先:えぶりしんぐ
本業は主に写真撮影やウェブデザイン等を担当させて頂いております。インターネットの世界はデジタルだからこそアナログな要素が必要だといつも考えております。そして集客を第一に考えて記事を書かせていただいております。
Facebook  Instagram  Youtube
この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 2016年度 地域情報伊勢志摩版 リーチランキング発表!!
  2. 志摩市磯部町にある創業明治十六年 そばの舌代『そば楠』
  3. 度会の畑中製茶さんのお茶作り
  4. 2018年10月3日あのりふぐ漁解禁
  5. 今日は2月9日 「ふぐの日」 in 三重県志摩市安乗漁港
  6. 本場の伊勢志摩の伊勢海老をお腹一杯にご堪能!!
  7. 大江戸温泉物語式あんしんバイキング ホテル評論家お墨付きの料理で…
  8. 東海エリア初!伊勢志摩の究極リゾートにインスタ映えするマシュマロ…

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com