地域情報

「カップルで鳴らして」 志摩・渡鹿野島に新スポット ハート型の鐘を設置

[adsense]

志摩市磯部町の離島、渡鹿野島の的矢湾を望む観光スポット「渡鹿野園地」に、島民が手作りしたハート型の鐘「オノコロの鐘」が設置された。島の形がハート型で「ハートアイランド」として活性化を目指す同島の新しいスポットになりそうだ。

 名前の由来は渡鹿野島が「オノコロ島」と呼ばれていたという記録による。島の歴史をまとめた「渡鹿野郷土史」によると、島に残る古文書「神書」の「自凋島五社太神(おのころじまごしゃたいじん)記録」では、五世紀前半の第十八代反正(はんぜい)天皇の御代に大雨が続き、都の悪疫流行を鎮めようと神に祈願したところ「伊勢国の伊雑(いざわ)の宮の伴社で自凋島の五社太神をおろそかにしている」とお告げがあった。天皇の使いが探しあてた自凋島が現在の渡鹿野島だったという。

 島民でも知る人が少なくなったこのいわれを広く知ってもらおうと、鐘の名前にした。

 オノコロの鐘は、カキいかだを再利用した高さ二メートルほどの枠組みに、長さが異なる七本のアルミ製の棒が取り付けられている。二十五―五十センチの長さの棒を、ハート型になるよう組み合わせて作った。

 風が吹くと棒がぶつかり合って音を奏でるが、訪れた人にも鐘を鳴らしてもらおうと、両側にひもを取り付けた。

 茶呑潤造区長(65)は「暖かくなってきたのでハートアイランドにカップルで来て、ぜひ鐘を鳴らしてほしい」と話していた。

伊勢新聞より転載

[adsense]

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「伊勢で作っているたくあん」だから伊勢沢庵、冬の乾燥した風に2週…
  2. スマートフォン観光案内システム「e-案内人伊勢」試験運用のお知ら…
  3. 志摩観光ホテルクラシック、耐震改装へ 5月8日から休館
  4. 第12回ヒストリックカーミーティング 伊勢志摩 特別企画『クラシ…
  5. 真珠体験パール美樹
  6. ラーメン屋さんで食べる伊勢まぐろ漬け丼
  7. 三重・賢島が急浮上=16年サミット、警備を重視
  8. 手打うどん職人が作るカレーうどん

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com