伊勢志摩鳥羽のトピックス

小津安二郎:2作品上映 津で来月8日、生誕110年記念

今年は松阪市出身の映画監督、小津安二郎(1903~63年)の生誕110年、
没後50年にあたる。
「津駅前都市開発」は6月8日、津市羽所町のアスト津で小津映画の上映会を開く。
米ニューヨーク、仏パリで活躍するサイレント映画弁士の沢登(さわと)翠さんを
招き「全国小津安二郎ネットワーク」の藤田明会長と作品の解説をする。
上映作品は2本で、いずれも「マツダ映画社」所蔵の映像を使う。
小津は東京都江東区生まれで、小学4年の時に父の故郷である松阪市に移った。
宇治山田中学を経て、宮前尋常小学校で1年間代用教員を務めた後、
帰京して撮影助手として松竹キネマ蒲田撮影所に入社。
27年に監督デビューしてから、家族を題材とした映画を撮った。 
今回上映されるのは、戦前の代表作「出来ごころ」(33年)。
東京の埋め立て地を舞台に、ビール工場で働く主人公の喜八と、弟分の次郎、
喜八が熱を上げる春江が、それぞれ幸せをつかもうとする人情味あふれる作品だ。
次郎に思いを寄せる春江のために、喜八が一肌脱ぐことから、喜八は
山田洋次監督の映画「男はつらいよ」の寅さんのルーツとも言われている。 
一方、多くが東京下町の中流家庭や小市民を題材とする小津映画の中で、
本作は日雇い労働者、つぶれた製糸工場から流れてきた女などの社会の
底辺の人々が登場、小林多喜二の「蟹工船」をほうふつとさせるラストを
迎える異色の作品だ。
藤田会長は「この時期の小津の社会意識は強く、娼婦(しょうふ)と兵士を題材
とした映画、左翼団体とのつながりをうかがわせる映画を制作している。
『出来ごころ』もその流れをくむ作品だと思う」と説明する。 
本作が公開された33年、ドイツでヒトラーが首相に就任、
日本では小林多喜二が虐殺された。
小津は喜劇的要素をちりばめながら、貧困層の暮らしと人情を描き、
最後は多喜二へのオマージュを投影した。 
この他に「大学は出たけれど」(29年)も上映される。
マツダ所蔵の映像は約16分で、松竹版より4分長く、上映会の見どころの一つ。 
入場無料。
申し込みは、
〒514-0009 津市羽所町700「津駅前都市開発 映画鑑賞係」に、
住所、電話番号、氏名、参加希望人数を書いたはがきを送る。
定員270人で先着順。30日必着。

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢・志摩エリアに姉妹館出店 湯快リゾートグループ「リゾートホテ…
  2. ザ・ドブ板選挙⑤
  3. あべ静江さんが読み聞かせ 故郷の松阪で
  4. 三重県紀北町の赤羽川流域でアユ釣り解禁
  5. 市民出資で太陽光発電 志摩の会社が計画
  6. 【出ます!!ウドちゃんの旅してゴメン【メ~テレ】】
  7. 定置網にミンククジラ 紀宝・鵜殿港に3年ぶり水揚げ
  8. 伊勢神宮は内宮の、おはらい町に唯一の宿泊施設がオープンしました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP