伊勢神宮式年遷宮

伊勢 「初穂船」が浸水式 遷宮機に造り替え

isesinbun

伊勢市の初穂川曳(かわびき)伝統継承会(宇治土公貞尚会長)は
七日、同市竹ヶ鼻町の出口造船所(出口明社長)で、
寄付によって新調した木造船「初穂船」の進水式を開いた。
伊勢神宮内宮の神嘗(かんなめ)祭の日に合わせた
初穂曳(伊勢神宮奉仕会主催)で、
奉納する稲穂や俵を載せて五十鈴川を進む。
完成した木造船は、全長七・五メートル、幅一・五メートル。
船上に鳥居と「お初穂」と書いた看板が立つ。
綱を結んで水深の浅い五十鈴川を引っ張るため、
底部はソリになっている。
神宮から用材としてヒノキの提供を受け、
同造船所が伝統的な船大工の技術で造り上げた。
同会は、主に内宮関連の行事に奉仕する二十の
地元奉曳(ほうえい)団で構成する。
昭和四十七年から使っている初穂船が老朽化し、
今年の神宮式年遷宮を機に造り替えようと、
四月から建造費を募り九月末までに九十件、
計約九百万円が集まったという。
十二日に神宮に船を献納する予定。
進水式には関係者約二十人が出席し、
神事の後、同造船所前の勢田川に船を浮かべた。
宇治土公会長は、
「おかげさまで立派な船ができた。
末永く初穂曳を続けていきたい」とあいさつした。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. isesinbun 伊勢神宮内宮 遷宮祝う優雅な舞楽
  2. 伊勢 神体納める器、新正殿に 内宮で御船代奉納式
  3. 伊勢神宮、明治神宮と皇室 その”神格化”…
  4. 伊勢神宮の謎‐作家 高田崇史
  5. 20年ぶり伊勢神宮で「式年遷宮」 経済効果は2416億円
  6. 「あのりふぐ」内宮奉納 大漁と安全祈願
  7. isesinbun 東京まで500キロ走破へ 塚田さんが内宮出発 13日到着目指す
  8. 阪神沿線発の「伊勢神宮初詣割引きっぷ」と「阪神・近鉄初詣1day…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com