blog

トトツリアイ 志摩市大王町船越の火祭

新年あけましておめでとうございます。
1月1日の午前0時30分ごろ志摩市大王町船越の前浜で
トトツリアイという祭りを見に行きました。
酔々の男性が長襦袢を着て頬かぶりをして、燃え盛る火に丸太を突き刺し火の粉を空に舞い上げます。
この火の粉が海に入ると魚に変わると伝えられ、小さな火の粉はイワシに、大きな火の粉はカツオになると云われているそうです。
漁師どころのの祭りは迫力がありおもしろいですね^^
火の粉が舞い上がり髪の毛もススだらけになりながらもビデオを回していましたが
何かご利益があるかもしれませんね(笑)

10854807_895835990447567_7213298138139004610_o

船越の火まつり トトツリアイ
大晦日の夜から元旦の朝にかけて、若い男子が派手な女物の長襦袢(花襦袢と言います)を着て、頬かぶりをし、燃え盛る火に丸太を突き刺し、火の粉を空に舞い上げる。
カツオ釣りの様子をあらわしているとも、カツヲの群れを表しているとも言われ、豊漁を占う行事である。 別名トトツリアイとも言う。
また、女物の衣装は男性が女装することで海の神から嫉妬されないのだという。
船越の前浜に南北に2つの山になるように柴木を積み上げ、これに火をつける。
午前0時30分 ごろシバキも尽き、火勢が衰えたころ、青年たち4~5人が1組になって、長さ6~7mほどの丸太(杉或いは檜)を燃え盛る火に突き刺し、 焚き火側にいる若者の肩を支点にして跳ね上げると、火の粉が高々と舞いあがる。
この所作が何回となく繰り返され、1時過ぎに終了となる。
この火の粉が海に入ると魚に変わると伝えられ、小さな火の粉はイワシに、大きな火の粉はカツオになるといわれています。

10862440_895835707114262_8636829592302906755_o

image4

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ  ←ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 第三弾 的矢湾メガソーラー計画の現状【牡蠣養殖業 服部幸男さん】…
  2. 2016 年4月8日(金) 『ドン・キホーテ伊勢店』オープン!
  3. 伊勢志摩サミット記念館 サミエールオープニング式典
  4. 『てこね寿司』といえば『プリンス』in志摩市浜島町
  5. 有現会社ムカイのFacebookページへの「いいね」をお願いしま…
  6. 渡鹿野島が1年で一番熱くなるお祭り、天王祭
  7. 熊野きのもと「さんま祭り」
  8. 第2回 志摩S1グランプリ!! No S-10 居酒屋 大島 …

最新記事

PAGE TOP