ブログ記事

志摩の風物詩きんこ作りが始まりましたよ


三重県志摩市の郷土食として親しまれている「きんこ」は、サツマイモの一種である隼人芋を使用した干し芋。

隼人芋は、志摩の痩せた土地との相性が良く、海辺の畑でも良く育ち、重要な作物として昔から作られてきました。
きんこの名前の由来は、干したナマコ(きんこ)に形が似ていたためと言われています。

志摩では、昔から冬になると、一般家庭でもきんこ作りが行われ、海女さんや子どものおやつとして親しまれてきましたがそのような光景は少なくなりました。

興味深いのはきんこの加工方法です。
きんこは、市内でも地域によって加工方法が少し異なり、「JA方式(安乗方式)」と「越賀方式」と呼ばれる2つの方式に分かれております。

JA方式は、芋の皮をむいてから芋を煮ており、越賀方式は、芋の皮つきのまま芋を煮ているという違いがあります。

撮影場所・大王町波切
撮影・山本泰久

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢志摩パッション
  2. 伊勢神宮の御山杉を利活用した真珠箸
  3. 5月22日から三重県伊勢市の観光文化会館で「ヒロシマ・ナガサキ原…
  4. 元祖鯛めしの宿!釣りができる!信楽焼のお風呂が珍しい! 元祖鯛めしの宿!釣りができる!信楽焼のお風呂が珍しい!
  5. 海士潜女神社(あまかずきめじんじゃ)例大祭
  6. 三重県志摩市のコスモス畑めぐり【近鉄線路沿い・志摩市観光農園など…
  7. 南伊勢町 宿田曽市場では夏の牡蠣『天然岩ガキ』の入札
  8. 新エリア「ベイテラス」誕生。シーサイドグランピング「グランオーシ…

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com