志摩男ちゃん日記

32億円損失 2月のキャンセル2万4000人分 志摩の観光消費半減 緊急経済対策を打ち出す方針


新型コロナウイルスの影響で、三重県志摩市を訪れる観光客は、入り込み客・宿泊客ともに昨年の半分にとどまり、損失は32億円に上ることがわかりました。

 志摩市内の宿泊施設では2月のキャンセルが約2万4000人分になったほか、3月に入っても予約の入らない状態が続き、志摩市では3月の観光客数について、日帰り・宿泊ともに半減し、観光消費額の損失は32億円を超えると推計しました。

 伊勢市や鳥羽市が、昨年の3割程度の損失を見込んでいるよりも大きな影響があると予想しています。

 26日から春休みが始まりましたが、観光地の賢島に人通りが見られるのは先週から運航を再開した遊覧船の到着時だけで、いつものにぎわいは見られません。

 竹内千尋市長は「志摩市にとって地域経済への影響は非常に大きい。対策を打っていきたい」と語りました。

 市では、新型コロナの影響で売り上げが減少した事業者の市税の徴収を猶予するなど、現行の制度を活用するだけでなく観光業を中心とした緊急経済対策を打ち出す方針です。

 感染収束のめどが立たない中、志摩市では地域の経営者の心が折れないよう、国や県の支援制度も活用しつつ地域全体で支えたいとしています。

最終更新: 3/27(金) 12:51
三重テレビ放送
(C) 三重テレビ放送

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 世界遺産10年でキャッチコピー 熊野古道伊勢路
  2. いつきのみや手作り市のご案内
  3. 動物ショーで新人2人奮闘 鳥羽「イルカ島」
  4. 女性や子供も安心の歩いて行ける海上ハウス釣り堀
  5. 「碧志摩メグ」大王埼灯台バージョンポスター プレゼント企画
  6. 竹内時計店 | キャッチフレーズは親切・安心・丁寧な「地域の眼」…
  7. ソーシャルボタン設置(ツイッター・Facebook・Google…
  8. 億万長者への道

最新記事

PAGE TOP