志摩男ちゃん日記

三重県南伊勢町「伊勢志摩まぐろ食堂」営業再開のお知らせ

伊勢志摩まぐろ食堂(所在地:三重県度会郡南伊勢町五ケ所浦3959番地)は、 一時休業をさせていただいておりましたが、 2022年12月12日(月)より営業を再開いたします。
特選本まぐろ中トロ御膳1,980円
【中トロ・あおさ汁・小鉢・漬物・デザート】
特選本まぐろ中トロ御膳【中トロ・あおさ汁・小鉢・漬物・デザート】1,980円

伊勢志摩まぐろ食堂は災害による養殖クロマグロの漁獲量減少等により一時休業をしておりましたが、2022年12月12日より営業を再開いたしますことをお知らせいたします。
また、経営体制を株式会社みなみいせ商会から有限会社幸洋荘(鳥羽市相差町1110‐1 代表取締役:上村領佑)へ変更することを併わせてご報告いたします。
なお、ご提供しておりましたメニュー及びサービスにつきましては、従前と変わらず提供してまいります。


店舗外観
【赤身・あおさ汁・小鉢・漬物・デザート】
名物赤身御膳【赤身・あおさ汁・小鉢・漬物・デザート】1,540円
名物赤身御膳1,540円
【ねぎトロ・香の物・あおさ汁・小鉢2品・漬物・デザート】
本気のねぎトロ御膳【ねぎトロ・香の物・あおさ汁・小鉢2品・漬物・デザート】1,980円
本気のねぎトロ御膳1,980円
本まぐろあぶり皿1,320円
本まぐろあぶり皿1,320円
本まぐろステーキ1,210円
本まぐろステーキ1,210円
本まぐろ全部位盛り3,960円
本まぐろ全部位盛り3,960円
本まぐろ珍味盛り1,980円
本まぐろ珍味盛り1,980円

伊勢志摩まぐろ食堂とは

五ヶ所湾の最奥部、漁業が盛んな海で丁寧に育てられた本マグロを、手軽にお腹いっぱい、美味しく召し上がっていただきたく、2021年11月南伊勢町にオープンしました。
南伊勢町には優れた技術を持つ養殖マグロのブランドが3つありますが、その中でも「灘まぐろ」を中心に提供しています。今後も”食べて感じる南伊勢町の魅力”の発信地として力を尽くして参りたいと思います。

伊勢志摩まぐろ食堂
アクセス:三重県度会郡南伊勢町五ケ所浦3959番地(五ヶ所みかん直売所様裏)伊勢ICより車で約38分
席数:24席(12テーブル) 営業時間:平日11:30~14:00/土日祝日11:00~16:00
この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 雨が降る大慈寺のてんれい桜 (志摩市大王町波切)
  2. じぇじぇっ! 海女さん守れ「存続危機」 高齢化で最盛期の1割
  3. *船に乗って答志島へ!!鳥羽の島旅〜*⑽ 最終回
  4. 太平洋・島サミット 来年の開催地 三重 志摩に決定 官房長官
  5. isesinbun 台湾関係者が三重県入り きょう「日台観光サミット」
  6. 給付金格差
  7. ゲンジボタルが描くアート 三重県熊野市・五郷
  8. 鵜方小学校運動会(志摩市阿児町鵜方)

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com