志摩男ちゃん日記

マイワシ模型、目指せ3000匹 新県総合博物館で大群再現

目指せ魚の大群三千匹-。
来年四月にオープンする三重県総合博物館(津市)が、県民にマイワシの模型を
作ってもらう計画を進めている。
完成品は、クジラの骨格標本などとともに、海の生態系を紹介する展示品となる。
その名も「いわしプロジェクト」。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真(中日新聞)
県民に作ってもらったたくさんのイワシの模型と
森田さん(左)ら=津市の県総合博物館で

県民参加の博物館運営を目指して、開館準備を進める学芸員の森田奈菜さん(30)が
発案し、七月から県民への協力を呼び掛け始めた。
模型は、紙に印刷されたマイワシの型を切り抜き、スポンジを詰め込んで立体にする。
実物の写真を印刷したものと、型だけを印刷し作る人が色を塗る二種類を用意し、
希望に応じて選んでもらう。
完成すると実物と同じ程度の十八センチになる。
完成した模型は、地元の伊勢湾などに生息する「代表的な小魚」の一例として、
常設展示コーナーに並べて大群を再現。
同じ場所には捕食するマグロの模型、さらに大型のマッコウクジラの骨格標本
(全長八メートル)も展示する。
「名古屋港水族館ではイワシのトルネードが人気だけど、三千匹の模型も、
想像できないほどの光景になりそう」と森田さんは期待する。
七月以降、森田さんは小学校での出前講座や、博物館のPRイベントで協力を呼び掛け、
これまでに八百匹を作ってもらった。
展示作業が本格化する年明けまでの三千匹達成を目指し、
今後も県内の催しに参加して協力を求めるほか、依頼があれば小学校や幼稚園など
へ出向く。
三重県総合博物館は、旧博物館の老朽化に伴い、県総合文化センターの向かいに
新築された。
現在は、内装工事や引っ越し作業が進められている。
いわしプロジェクトの問い合わせは
三重県総合博物館=電059(228)2283=へ。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 可愛い、キレイだけではない!売れる写真の撮り方セミナーDVD(2…
  2. 三重県内クチコミ総合評点4.5以上の宿をご紹介
  3. 【フォワ賞】オルフェーヴル圧勝 悲願凱旋門賞へ“完璧予行”
  4. 明日まで!ナゲット「1個買うと1個無料!」
  5. 秋だねぇ
  6. 地方創生とは・・。
  7. 月収1億円の秘密
  8. 海保が9人救助の僚船に感謝状

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP