志摩男ちゃん日記

明和町の斎宮跡 平安時代の遺構確認 古墳時代の円墳も

isesinbun

【多気郡】明和町は十二日、斎宮跡発掘調査で、斎王の宮殿などあったと考えられる遺構の外側で、平安時代中期から後期の新たな方形区画を確認。古墳も埋葬施設も確認したと発表した。十七日午前十時から現地説明会を開く。

発掘調査は、斎宮小学校プール改築予定地の約一千二百平方メートルで実施した。北側の調査区域の中央でほぼ直角に曲がる溝を確認し、かつて近鉄線を挟んで調査した区画にあった直角の曲がる溝をつなぐと方形の区画となることが分かり、東西七十メートル、南北八十メートルの規模であることが分かった。この区画内には斎宮を支える官人(官僚)がいたと考えられるという。

方形区画内の土坑からは身分の高い人が使ったと見られる緑釉(りょくゆう)陶器や土師器(はじき)、鉄滓(てっさい)など平安時代中期の遺物が出土した。

古墳の埋葬施設は南側の調査区域で円墳二基を確認。重なった状態で、その中央部で土器が出土し、古墳時代後期の埋葬施設だったことが分かった。

これまで確認された古墳の痕跡からは時代を確認できる土器が見つからず、不明な部分が多かったという。

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 家族や親戚など本当に身内だけの利用に限定したSNS
  2. WEB画像・動画制作の無料ツール
  3. ワンクリックウェア駆除ツール
  4. てこね寿司嫌い克服の影
  5. 「豚骨スープ」の知られざる中身
  6. 伊勢「マスヤ」 菓子
  7. 新宿署捜査員をうならせたエガちゃん伝説再び!
  8. 鉄道トリビア (190) 近鉄「しまかぜ」を見守る運行管理システ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com