志摩男ちゃん日記

津波体験 取材した

志摩の国府小4年 復興新聞コン特別賞 東日本大震災から1年を機に全国から募集した「朝日小中学生復興新聞コンクール」(朝日新聞社など主催)で、志摩市立国府(こう)小学校4年生たちの「みんな安心新聞」が特別賞の朝日小学生新聞賞を受賞した。児童らは、1944年にあった東南海地震の体験談を取材し、地域の防災対策の現状とともに紹介した。 国府小の学区は太平洋沿岸にあり、大地震が発生すれば津波の被害が想定される。4年生14人は昨年4月から、総合学習で地域の防災を課題に取り組んだ。東日本大震災の被災地に復興支援活動で入った警察官やボランティアから話を聞くなどしてきた。 11月からは、学習の成果を多くの人に知ってもらおうと、新聞づくりに入った。国府地区に多い一人暮らしのお年寄りは、津波にどう備えているか。防災対策は大丈夫か。そんな視点で取材を進めた。 小林真太朗君(10)ら3人は、44年12月7日の東南海地震を体験した地元のお年寄り3人から計約2時間話を聞いた。「ここに津波が来たなんて初めて知った」という小林君たちは「ひなん場所で火をたくと戦とう機に見つかってしまうので火をつけられなかったと聞いてびっくりしました」と記事を書いた。 植村航介君(10)たちは国府地区の一時避難場所11カ所を実際に回った。戦時下の大津波が9メートルに達したことを知り、「2カ所ある高さ8メートルの避難場所は危ない」と感じたという。 新聞はA3判4枚で70部ほど作成。公民館などの施設にも配った。指導した中北好美教頭(52)は「しっかり取材でき、良い新聞ができた」と評価する。「人との関わりを学んでほしかった。感謝の手紙も届き、地域の一員としての自覚が芽生えたのではないか」と話している。(中村尚徳)

http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000001203190003 

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 紀勢線のDD51機関車が引退
  2. 『漁師の宿かんえい』様のホームページが完成しました。
  3. seopro3000 プロフェッショナル版
  4. ポッコリお腹、ブヨブヨお腹、メタボ腹のウエストを、激しいトレーニ…
  5. クオリティーの高い無料で利用できる 画像素材サイト
  6. 伊勢志摩の魚達を和洋折衷のフレンチで : 槙之木[食べログ]
  7. オレハマッテルゼ号が死亡
  8. きんこで作った幻の芋焼酎「志州隼人」-12月5日より発売

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP