志摩男ちゃん日記

激論!コシゼロの「伊勢うどん」を許せるか?

蕎麦についてウンチクを語る人は多いが、うどんはそうでもない。でも考えてみると、日本全国にいろいろなご当地うどんがあるし、実はうどんのほうが語り甲斐があるのでは?

 3/12発売の週刊SPA!では、「激論!全国[ご当地うどん]バトル」と題して、太さ・硬さ・汁の濃さ等について熱く語り合った。

 稲庭うどん(秋田)、ひっぱりうどん(山形)、水沢うどん(群馬)、吉田のうどん(山梨)、ほうとう(山梨)、味噌煮込みうどん(愛知)、おしぼりうどん(長野)、きしめん(愛知)、伊勢うどん(三重)、博多うどん(福岡)、そして帝王・讃岐うどん(香川)。弊誌編集部でも、「東京のうどんは、汁が濃くてうどんが見えない。許せん」(香川)、「いや、もっと許せないのは味噌煮込みだ」(東京)、「わかってない!時々、味噌煮込みとほうとうを一緒にされて頭くるんですよ」(愛知)など、議論が巻き起こったのであった。

伊勢うどん

極太ふわふわの「伊勢うどん」

 そんなうどん界にあって、トリックスターといえば「伊勢うどん」である。食べたことがあるだろうか。筆者は伊勢に行ったとき、すごい期待感でもってうどん屋さんに入ったのだが、一口目で絶句した。コシがゼロ。というか「コシ」という概念そのものがない感じ。汁もない。タレである。たまり醤油に魚介などのダシを加えた、まっ黒でドロっとしたタレをかけ、青ネギをトッピングする。どうなんでしょうか、伊勢うどん……。

 ところが最近、伊勢うどんが密かに注目されているらしい。「伊勢うどん友の会」を立ち上げたコラムニストの石原壮一郎さん(三重県出身)によると、今年2月9日に開催した「伊勢うどんカフェ」(東京・西荻窪)には250人が押し掛け、1時間待ちの盛況だったそうだ。讃岐うどんブームのおかげで、人々は「『うどんはコシが命』という偏狭なうどん観」を刷り込まれ、「伊勢うどんはいわれなき迫害を受けてきた」そうだが、「伊勢うどんを食べると、うどんにも人生にも正解がないということがわかります」と石原さん。ともかく、一度はあの衝撃を味わってみてほしい。

 週刊SPA!では、有名人を含めた各県の出身者がうどん愛を語り、時に他県のうどんをののしり、「好きなうどんベスト10」調査も行った。1位はやっぱり讃岐うどんだったのだが、それを追う2位、3位は、果たして…!? 

<文/週刊SPA!編集部 写真提供/うどんミュージアム>

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 女の気持ち:花は咲く 三重県伊勢市・高木恵美子(主婦・74歳)
  2. あご湾洋上・合歓の郷花火大会クルーズ
  3. 幻想的なLED流し 三重県紀北町で7月「七夕物語」
  4. みえ地域キーパーソンネットワークフォーラム
  5. LPテンプレートの決定版が遂に登場しました。
  6. 【平成24年度「志摩ブランド」認定申請の募集】
  7. 人文字のアイコンを作成してくれる無料ツール
  8. 伊勢湾口沖にGPS波浪計を設置~ GPS 波浪計を公開 ~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP