伊勢志摩鳥羽のイベント

「水中からこんにちは」-リクルート姿で「水中入社式」、鳥羽水族館で

鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)恒例の水中入社式が3月31日、同館の巨大水槽の中で行われた。水中から「こんにちは」とリクルート姿のフレッシュな新入社員があいさつすると、水槽前に詰め掛けた人たちから祝福の拍手が起こった。今回で5年連続6度目。

【画像】鳥羽水族館で恒例の「水中入社式」2012年度は5人も
 ナポレオンフィッシュやアオウミガメの「ゆうひ」のほか約100種5,000匹の魚たち、55種約650個のサンゴたちに囲まれながら登場したのは、飼育研究部に配属される橋本奈々さん(愛知県出身)、吉田梓佐(あずさ)さん(京都府)、寺澤夏菜(かな)さん(東京都)、塩田舞さん(同)の女性4人、村上龍さん(愛知県)の男性1人。5人は、26日に入社し、今日までダイビングの猛練習を重ね、今回の水中入社式に臨んだ。

 水中入社式の会場は、同水族館のエントランスホールにある水量約800トン、水深5.5メートル、水温26度のコーラルリーフダイビング水槽。仲野千里社長が入社辞令を読み上げると水中の浅野四郎副館長から代表の橋本さんに辞令が手渡された。アシカショーなどの担当になりたいと希望する橋本さんは「たくさんの人に見守られて感激。これから多くのことを学び飼育係として一生懸命頑張ります」と水中からあいさつした。
 入社式が終了すると、先輩からスポンジが渡され、早速巨大水槽の掃除の仕方を先輩直々に手ほどきを受けた。
 水族館のアルバイトで学生時代にサンタの恰好で水槽に潜ったことがあるという村上さんも緊張したという。唯一素潜りで何度も息つぎをした塩田さんは、小学生のころから鳥羽水族館が大好きで両親と何度も通った憧れの職場に就職できた。中でも両生類や爬虫類が大好きで飼育担当の三谷伸也さんのファンでもあるという。「三谷さんのようにワニの水槽も掃除できるように頑張りたい(笑)」と意気込みを見せた。
 今回からUstreamによるライブ配信も行われた

伊勢志摩経済新聞より
http://iseshima.keizai.biz/headline/1378/ 

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. うまいもんどっさり「サニー市」
  2. 遷宮の日の出を見よう!「答志島ブルーフィールド」
  3. chunuchisinbun 熊野古道「馬越峠」で自然や歴史散策
  4. おいないさキャンペーン2021夏
  5. 風待ち港のまち歩き&『的矢かき』お楽しみセットプラン
  6. きらり三橋風景街道ウオーキング大会
  7. 腰なくつゆなく柔らか極太麺の「伊勢うどん」、東京に旋風巻き起こす…
  8. 2021年は伊勢の詩人「竹内浩三」生誕100年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com