伊勢志摩鳥羽のイベント

五木ひろしさん、三重の故郷・鳥羽で「ふるさと」歌うー母校で約束守る

歌手の五木ひろしさんが10月6日、
鳥羽市の加茂小学校(鳥羽市岩倉町)体育館で同級生や後輩、
抽選で選ばれた市民ら約600人の前でコンサートを行った。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=伊勢志摩経済新聞
五木ひろしさん、母校「加茂小学校」でコンサート

五木さんは今年3月、同校新校舎竣工式に出席。
鳥羽市長の木田久主一さんと同級生であること、
5歳から鳥羽市で過ごし、2年生の途中まで同校に
通ったことなどを打ち明け、
「今度帰ってくる時に歌をプレゼントをしたい」と
約束したことを受けて実現した。
1965年6月、松山まさるの名でデビューした五木さん。
その後一条英一(1967~1968)、三谷謙(1969)と改名するも
ヒット曲はなく苦しい時代を過ごした。
1971年3月1日、五木ひろしに改名しリリースした
「よこはま・たそがれ」
(作詞=山口洋子さん、作曲=平尾昌晃さん)が
大ブレーク。
その後は、「ふるさと」(1973)、
「千曲川」(1975)、
「おまえとふたり」(1979)、
「契り」(1982)、
「細雪」(1983)など次々とヒットを飛ばし、
演歌歌手として現在も活躍する。
コンサートは竣工式でアカペラで歌った
「ふるさと」や「よこはま・たそがれ」などを熱唱。
会場の人たちは五木さんの歌に酔いしれた。
体育館の外の校庭では抽選から漏れた地元の人たちが
耳をそばだてながら、微かに聞こえる五木さんの歌を
聞いていた。
五木さんは「皆さんとの約束を果たすために今日、
東京からやってきた。
市長からは2回公演を。
と言われたが、終わったらすぐ九州に行かなければならない。
残念だけど、また機会があったらお邪魔したい」と
再び約束した。
「伊勢神宮で式年遷宮が行われているこのタイミングで、
この地に来れたことをうれしく思う。
来年がデビュー50周年になる。
校庭のクスノキや二宮金次郎の像は思い出であり僕の原点」と
感慨深く打ち明けた。
五木さんはコンサートと合わせて同体育館の緞帳(どんちょう)を
プレゼント。
「こんなに大きく五木ひろしと書かなくても(笑)」と
緞帳の自身の名前の大きさに驚いていた。
木田鳥羽市長からは伊勢エビ10キロが五木さんに
プレゼントされた。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 丸山千枚田で棚田オーナー1000人が田植え
  2. 林崎文庫の公開
  3. isesinbun 鳥羽 プロ演奏に聴き入る ジャズフェスに児童ら350人
  4. きらり三橋風景街道ウオーキング大会
  5. 南伊勢町で「Fresh2012 カチカワ展」
  6. 花火大会 2013 三重
  7. 三重県の離島 答志島1周カヌートライアル
  8. さくら 逆転賞金女王「目指していきたい」苦手コース攻略だ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com