伊勢志摩鳥羽のイベント

伊勢神宮宇治橋封鎖、横綱白鵬や新大関鶴竜ら神宮奉納大相撲で

伊勢神宮崇敬会(伊勢市宇治中之切町)主催の「神宮奉納大相撲」が4月1日、神宮会館(同)内の神宮相撲場で執り行われた。

【画像】伊勢神宮宇治橋封鎖、横綱白鵬らの行進
 俗界と聖界との掛け橋とも言われる、五十鈴川に掛かる宇治橋が11時、神宮の警備を担当する衛士らによって約10分間封鎖された。神職に先導された横綱白鵬や新大関の鶴竜らが神妙な表情で誰もいない宇治橋を渡った。
 史上初となる6大関(把瑠都、日馬富士、稀勢の里、琴欧洲、琴奨菊、鶴竜)による「そろい踏み」、横綱白鵬による「手数(でず)入り」の奉納が神宮神苑(しんえん)で行われるためだ。神苑には相撲ファン、参拝者ら約6500人が、四股を踏む様子を見ようと集まった。白鵬は不知火型の土俵入り(露払い=旭天鵬、太刀持ち=安美錦)を披露した。
 和歌山県の高野山のふもとから来たという高家雅弘さんは、一番乗りで朝8時30分から待っていたという。高家さんは「伊勢神宮の神苑での力士たちの土俵入りは神々しく感動的だった」と感想を漏らした。
 同相撲場は、約3000人の観客で埋め尽くされた。7時から稽古相撲や、十両、幕下、三段目などの力士による取組が行われ、普段見ることができない力士たちに声援が送られていた。幕内、横綱の土俵入りが始まると大きな声援が重なり、取組が始まると会場はさらに盛り上がった。
 幕内力士によるトーナメント選士権では、琴欧洲が稀勢の里を寄り切り優勝。準決勝で対戦した鶴竜との取組では、負けた新大関に対する暖かい拍手が沸いた。白鵬は2回戦で琴欧洲に早々と破れた。
 トヨタ自動車名誉会長で伊勢神宮崇敬会の会長を務める豊田章一郎さんは「力士たちの素晴らしい取組に感動した。国全体が良い方向に進むように伊勢神宮に祈願した」と話す。

伊勢志摩経済新聞より
http://iseshima.keizai.biz/headline/1379/ 

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 日本の原風景テーマに特別展 神宮美術館20周年記念
  2. 歌会始の題「立」の特別展 三重・伊勢の神宮美術館
  3. 志摩市出身の映画監督・西尾雅志さん、都内で短編映画4本上映
  4. 丸の内キャリア塾スペシャルセミナー 【女性限定】
  5. いっしょにあそぼうSANDART&キス釣り&…
  6. 伊勢エビ2020食「無料ふるまい」 六本木ヒルズで海女ちゃんがお…
  7. 筆力強く書き初め 伊勢「祥裕会」
  8. 熊野古道「馬越峠」で自然や歴史散策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP