伊勢志摩鳥羽のイベント

吉永小百合さん、「潮騒」のロケ地・神島を49年ぶりに再訪-島は人人人

女優の吉永小百合さんが6月2日、映画「潮騒」(三島由紀夫原作)の
ロケ地となった伊勢湾口に浮かぶ神島(鳥羽市)を49年ぶりに訪れ、
島民たちが設営した「潮騒の集い」で撮影当時を懐かしんだ。

google画像検索より
神島は、鳥羽港から約14キロ、愛知県伊良湖岬から約3.5キロの伊勢湾口に
位置し、総面積は0.76平方キロメートル、周囲3.9キロ、人口約400人。
同映画の撮影があった1964年当時吉永さんは、10日間だけ滞在した。 
吉永さんにとって第2の故郷とも言える神島への「里帰り」は、再訪を望む
島民からの切実なラブコールに応えたもの。歓迎セレモニーでも吉永さんは、
「私は過去を振り返ることは好きではないので、これまでも撮影地を
訪れることはあまりなかったが、皆さまのパワーがそうさせた」と挨拶。
島には約2000人のサユリストたちが駆けつけ、撮影当時以来の
大フィーバーとなった。 
島民と吉永さんとの交流会では、撮影当時のエピソードなどを語り合った。
当時吉永さんと毎日のように過ごし遊んだという小学6年生の女の子3人組は
現在60歳に。
「吉永さんが島を離れる日に学校の先生に無理を言って授業を抜け出して
港まで見送りに行った。15分だけの約束をオーバーして罰として廊下に立たされ、
吉永さんとの別れの寂しさと、怒られたことの辛さなどで泣きながら
立っていたことが今でも忘れられない」と微笑ましいエピソードを披露した。 
吉永さんは「10日間だけの撮影だったが1カ月以上も居た気がした。
とても心地よく、島の娘になったような感覚を今でも覚えている。
当時は島の人がその日に取れたいろいろな魚を食べさせてくれて、
高級なアワビなどよりもおいしかった。
島の人たちの温かさが、ぬくもりのある映画となったんだと思う。
また来ます」と約束した。 
その後、吉永さんは約30分間島を散策、大勢の人に見送られながら島を後にした。 
鳥羽市は、映画のクライマックスシーンで使われた旧陸軍施設
「監的哨(かんてきしょう)」を耐震補強・改修、定期船乗り場付近を
「潮騒公園」として整備し「三島文学・潮騒の地」のモニュメントを設置。
日活(東京都文京区)は、100周年記念企画として吉永さん本人が選んだ
「私のベスト20 DVDマガジン」をおとなの週末編集部(講談社)から
「キューポラのある街」「伊豆の踊り子」など全20巻を発刊。
「潮騒」は7月13日に発売される。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 第1回 伊勢うどんフォト&伊勢うどん俳句コンテスト開催!
  2. 伊勢 クラシックカー、外宮参道へ 名車続々走り抜ける
  3. 伊勢神宮宇治橋封鎖、横綱白鵬や新大関鶴竜ら神宮奉納大相撲で
  4. 写真展:中国人・李さん、伊勢志摩の文化発信 二つの国生きる感性で…
  5. 伊勢神宮を創建した「倭姫命」が伊勢にたどり着くまでのストーリーー…
  6. 第10回鳥羽市ゴルフ大会: 鳥羽カントリークラブ公式 営業マンブ…
  7. 中部国際空港セントレア4Fイベントプラザにて松阪伊勢志摩観光物産…
  8. 鳥羽・海の博物館 「海と神宮」で特別展 500点の資料やパネル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP