伊勢志摩鳥羽のイベント

新鮮なビンナガマグロに舌鼓 尾鷲の観光物産施設

今年新たに建造された近海マグロはえ縄漁船「良栄丸」が水揚げした
新鮮なビンナガマグロを堪能できる「尾鷲生マグロフェア」が
二十一日、同市向井の観光物産施設「夢古道おわせ」の
ランチバイキングで始まった。
二十三日まで。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=中日新聞
脂ののったビンナガマグロの刺し身を取る利用者=尾鷲市向井の夢古道おわせで

良栄丸は高鮮度のマグロを供給しようと、同市林町の水産会社
「尾鷲物産」が今年六月に建造。
捕獲した魚はすべて船上で生け締めするほか、防熱壁を厚くして
太い冷却用パイプを配備するなど、鮮度保持機能を充実させている。
良栄丸は十九日に二度目の操業を終え、尾鷲港に入港。
ビンナガ、キハダ、クロカワカジキなど中型マグロ類を十三トン水揚げした。
フェアでは重さ一六キロ、体長一メートルのビンナガの解体ショーがあり、
職員が施設のテラスで披露。
その後薄い赤色をした身を器用な手つきでさばき、バイキングの
利用客に刺し身を提供した。
味わった松阪市嬉野町の三村五十鈴(いすず)さん(62)は
「久しぶりにこんなにおいしいマグロを食べました。
漁業の盛んな南伊勢町出身なので、懐かしい味に子どもの頃を思い出しました」
と話していた。
フェアで提供する刺し身はビンナガ一本分(百二十~百五十人分)で、
なくなり次第終了する。
夢古道おわせのランチバイキングは午前十一~午後二時。
料金は一般千二百円、
六十歳以上千円、
小学生七百円、
幼児(四歳以上)三百円、
三歳以下無料。
問い合わせは夢古道おわせ=電0597(22)1124=へ。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. USAさんのレッスンも 伊勢で30日、体力向上イベント
  2. がん研究支援 「生命の駅伝」
  3. 松阪の朝田寺でボタン見頃
  4. R260ロードフェスタ平成25年4月7日(日)開催♪
  5. 伊勢志摩に行こう!!
  6. 荒祭官 かやぶき作業終了 神宮内宮で甍祭
  7. 三重の祭りを撮る伊勢の写真家・阪本博文さん、賓日館で写真展
  8. R260ロードフェスタ写真集(Facebook投稿より)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP