伊勢志摩鳥羽のイベント

鳥羽水族館、スナメリ飼育記録50年に-観察クルーズや企画展も

鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)で飼育展示するスナメリが今年9月30日、
飼育記録50周年を迎える。

google検索より↑
スナメリは、ペルシャ湾から日本沿岸にかけて分布する小型のハクジラの仲間。
日本では瀬戸内海や伊勢湾などに多く見られ、伊勢湾の推定頭数は約3000頭。
他のイルカ類に比べ神経質で、飼育が難しいとされている。
今年1月には、鳥羽港に隣接して建つ同館のデッキから目視できるほど近くの
海に野生のスナメリが現れ、2~3カ月居座った。
5月2日、同館16頭目となるスナメリの赤ちゃんが生まれるというハッピーニュースも
飛び込んだ。 
5月11日・12日の2日間、同館と三重大学(津市)、鳥羽商船高等専門学校(鳥羽市)の
3者による伊勢湾・三河湾の洋上を観察する「スナメリ観察クルーズ」を実施。
同館のスタッフやスナメリ研究者らが乗り込み、同専門学校所有の「鳥羽丸」による
日帰りコース2日間(参加者延べ53人、スナメリ発見頭数18頭)、
同大学所有の「勢水丸」による洋上1泊2日コース(参加者16人、
スナメリ発見頭数34頭)の大規模なスナメリ観察クルーズが実施された。
初日はあいにくの雨でスナメリが見えるか心配だったが何頭か観察できたため
参加者は感激していた。 
現在、同館で飼育展示するスナメリは、マリン(15歳、雌)、ハッチ(11歳、雄)、
チョボ(11歳、雌)、マリオ(8歳、雄)、勇気(28歳、雌)と
マリンとハッチの間に生まれた赤ちゃんの計6頭。 
同館では50周年を迎える今秋、スナメリに関する企画展の開催を計画中。 
営業時間3月21日~10月31日は、
9時~17時(7月20日~8月31日は8時30分~17時30分)。
入館料は、大人=2,400円、小人=1,200円、幼児=600円。
ソース(伊勢志摩経済新聞)
鳥羽水族館http://www.aquarium.co.jp/index.php

大きな地図で見る


この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 丸の内キャリア塾スペシャルセミナー 【女性限定】
  2. 三重県内の企業が集まりフットサル大会-インドネシア人チームも
  3. R260ロードフェスタ平成25年4月7日(日)開催♪
  4. 伊勢の保存会が「一色能」を披露
  5. 志摩市の景観づくり
  6. 春季特別展「海のお花畑~サンゴ礁とその周辺の魚たち~」
  7. 「お客さまを笑顔に」 鳥羽水族館 新人トレーナーが初舞台
  8. 「戦国アイドルまつり」ご当地アイドル43組集結-伊勢・安土桃山文…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP