伊勢志摩鳥羽観光情報

「天地人」【東奥日報】 

伊勢神宮(三重県)は今年が「式年遷宮(しきねんせんぐう)」の年に当たる。社殿を造り替えて若返る20年に1度の大祭だ。その一環で架け替えた宇治橋の橋板に初めて青森ヒバが使われたという。他の建物も含め全体の木材の15%が青森ヒバとか。本県林業にとって画期的なことだ。ヒバ材振興につながることを願うばかりだ。

 遷宮による建て替えには木曽ヒノキを使う。が、その資源が減少してきたらしく、日本三大美林の一つの青森ヒバに白羽の矢が立ったようだ。抗菌性や耐水性に優れ、腐りにくい点が高く評価されたのだ。

 <伊勢に行きたい、伊勢路が見たい、せめて一生に一度でも>。こう歌われるほど江戸時代から伊勢神宮には多くの人が参詣に押し寄せた。その人気はいまも続く。

 宇治橋は内宮(ないくう)に足を踏み入れる時に渡る。神々と参詣者を結ぶとされる橋だ。両端に鳥居がある。冬至のころは鳥居の中央と、その先に伸びる宇治橋の道と、山から昇る太陽とが一直線上に並ぶという。計算し尽くされた古代建築の妙だ。

 弘前出身の作家長部日出雄は2011年元旦、鳥居の前に立ち、宇治橋に沿って飛んでくる初日の光を浴びた。「古代の設計者と直接に結ばれた瞬間だった」と、感動を書いている。青森ヒバも橋を渡る人の足裏からその古代を伝えているかと思えば感無量だ。
ソース(Web東奥・天地人

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重県内の海水浴場 放射能濃度調査 全地点で不検出
  2. 南伊勢町 県出身お笑いコンビ オレンジが観光大使 「自然の良さ伝…
  3. 風変わりな生き物集合 鳥羽水族館が常設コーナー
  4. 横山展望台より英虞湾を望む
  5. 伊勢志摩ゆかりの偉人、映画 1日から顔出しパネル設置
  6. 290年前に建てられた仁王門下の石畳に「ハートの石」多気の丹生山…
  7. 【吉田屋】考えます。・・・何を欲しがっているかを?
  8. 志摩マリンランドは癒しの水族館!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP