伊勢志摩鳥羽観光情報

世界遺産巡り楽々 熊野市、来月から周遊バス

南紀観光の拠点で知られる熊野市は十月から、
市街地を巡る土、日曜、祝日限定の観光周遊バスを運行する。
一日二百円で乗り放題。市内の世界遺産の見物がしやすくなると期待される。
熊野市には、三重、和歌山、奈良県にまたがる世界遺産
「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道や奇岩が点在する。
一方で、市街地の名所はJR熊野市駅から半径三キロ程度に散らばっており、
マイカーでない観光客は、タクシー以外にほとんど移動手段がなかった。
周遊バスは、世界遺産の大岩壁「鬼ケ城」を拠点に、町家が並ぶ木本町かいわい、
イザナミの墓所とされる世界遺産「花の窟(いわや)神社」、
サンマずし発祥の地とされる産田神社、熊野市駅、熊野古道松本峠など
一八・八キロを結ぶ。
$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=中日新聞
午前八時から午後五時台まで一日七便を運行。
JR特急や高速バスの発着に合わせて時刻表を組んだ。
八人乗りワゴン車を使い、タクシー会社に業務を委託する。
$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
三年ほど実証運行を続け、改善点を探る。
市の担当者は「市街地で観光客の足を確保することが大切。
気軽に利用できる料金なので、世界遺産を思う存分堪能してほしい」と
話している。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 2012年限定で「冒険大迷路」 志摩スペイン村、営業再開
  2. 伊勢神宮「おかげ横丁」20周年 「もてなす心」にぎわいの源
  3. 南伊勢町のイルミネーション「五ヶ所浦児童公園イルミネーション」
  4. 定期船運賃、来春値上げ 鳥羽市
  5. 英虞湾遊覧 賢島エスパーニャクルーズ
  6. 伊勢志摩産の岩牡蠣がめちゃくちゃ美味しい季節になりました(^^♪…
  7. 「ご遷宮記念 伊勢神宮参拝きっぷ」 11社局9月1日から発売
  8. 290年前に建てられた仁王門下の石畳に「ハートの石」多気の丹生山…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP