伊勢志摩鳥羽観光情報

伊勢志摩から元旦の朝、3度の「ご来光」-標高555メートルの朝熊ケ岳の展望台で

2012年元旦の朝、初日の出を見ようと2000人以上の人が朝熊ケ岳(あさまがたけ)の標高500メートルの地にある展望台に集まった。

 この日の伊勢志摩地方の天気予報は曇り。諦めながらも数%の希望を抱きながら登った人々。6時ごろ辺りが明るくなってくると水平線上に雲が漂っているのが確認できた。「どうかな?」「出るかな?」と初日の出に期待を込める会話が聞こえてくる。

 6時55分、まだらの雲の隙間をかき分けるかの様に水平線上に赤く染まった初日の出が現れた。人々は、歓声と共に、携帯カメラやデジカメで撮影、中には手を合わせる人や深く深呼吸する人の姿もあった。7時2分、雲と雲の間の一筋の隙間から2度目の朝日が現れた。今度は強い光を放ちながら人々を照らした。そして7時17分、3度目の朝日は丸く輝きながら周囲を明るくさらに照らした。

 標高555メートルの同山には、伊勢神宮の鬼門を守る金剛證寺(伊勢市朝熊町)が、山頂には八大龍王社が立つ。平安時代に弘法大師空海が真言密教修行の大道場を開き隆盛を極めた。地元では「岳さん」と親しみを持って呼ばれ「岳参り」などの風習が今も残る。

 山頂まで行くには、有料道路「伊勢志摩スカイライン」を通るか、トレッキングしながら登山するかのどちらかだ。近年山歩きやトレッキングで山頂を目指す「初日の出ウオーキング」の参加者も増加する。2日~15日までの期間、通行可能時間を日の出時刻前の6時から、伊勢や鳥羽市内の夜景が楽しめる19時までに変更し開放している。また伊勢神宮内宮前から展望台まで臨時バスも運行する。

 伊勢志摩スカイラインではこの日、先着500人に「朝熊山初日の出汁」を振舞った。通行料金は自動二輪車=860円、軽・小型・普通自動車=1,220円、マイクロバス=3,060円、貸切バス・大型貨物自動車=4,900円。年間パスポート{とおりゃんせ」(4,600~15,300円)も用意する。

伊勢志摩経済新聞引用>> 
http://iseshima.keizai.biz/headline/1289/

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 南鳥羽の相差は晴天釣り日和ですなぁ~!!
  2. 夏の特別キャンペーン『超ハレオパス』
  3. 志摩の海女が身につける魔除け、セーマンドーマンの謎
  4. 三重県在住のブラジル人45人 神宮や真珠島を視察 FBで紹介
  5. 「志摩市の日」三重県民特別割引日 in 伊勢・安土桃山文化村
  6. 樹齢350年以上の志摩の一本桜「岩戸桜」三分咲き
  7. 津・榊原 田んぼに浮かぶヒマワリ 地元農業者らのアート見ごろ
  8. 大慈寺のてんれい桜 in 志摩市大王町波切

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP