伊勢志摩鳥羽観光情報

伊勢神宮「おかげ横丁」20周年 「もてなす心」にぎわいの源

江戸・明治期の町並みを再現した三重県伊勢市の
伊勢神宮内宮(ないくう)前の集客施設
「おかげ横丁」が十六日、開業二十周年を迎えた。
式年遷宮を十月に控えた今年の来場者は一~六月で
前年同期比七十万人増の三百十万人。
年間過去最多だった昨年の四百五十万人を超える勢いだ。
おかげ横丁は約八百メートルにわたる内宮参道沿いの
「おはらい町」の中央にある。
一九九三年の前回遷宮に合わせ、地元の老舗和菓子店「赤福」が
当時の年間売上高に匹敵する百四十億円を投じて建設。
一万三千平方メートルに地元の海山の幸や伊勢うどん、酒、駄菓子、
和雑貨などの店を、伊勢の伝統的な木造建築で再現した。
年間来場者は開業翌年の二百万人から右肩上がりで、店舗数は
三十から五十六に増えた。
「品質の良い物を安く売る。奇をてらわない伊勢の住人らしさが
受け入れられた」。
横丁の創業者で赤福の浜田益嗣会長(76)はこう分析する。
浜田さんを突き動かした背景に、おはらい町の衰退があった。
江戸期の「おかげ参り」で知られた町は、マイカー型の観光が
定着した昭和六十年代に年間約二十万人の往来しかなかった。
内宮まで来て、町には寄らず帰る参拝者が多かった。
おはらい町の住民も「伊勢らしく参拝者をもてなしたい」と
古い町並みの再現へと動いていた。
八九年に伊勢市まちなみ保全条例ができると、電柱の移設や
石畳への舗装が進んだ。
日本の季節感を大事にしようと、二十四節気や雑節、七夕などの
年中行事に合わせた催しを展開。
接客する従業員には伊勢弁で親しみを込めて話をすることなども
徹底した。
遷宮を節目として新たな時代を迎える伊勢の町。
今後の二十年を浜田さんは「戦後の日本は知恵だけで町をつくってきた。
伊勢は住人の情感を大切にしてつくっていきたい」と話す。
ソース(東京新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 効率よく回ろう!伊勢神宮の攻略ポイント
  2. 日本一のパワースポット伊勢神宮攻略法
  3. 伊勢市 中村町―宇治浦田町交差点 バス専用線設置へ 
  4. 珍獣ウマグマ、大内山動物園に
  5. 3月ほぼ満室!ご予約はお早目に! 貸切ログハウス ロッキー
  6. 志摩の海女が身につける魔除け、セーマンドーマンの謎
  7. 伊勢志摩鳥羽松阪の観光の必須アイテム「まわりゃんせ」とは
  8. 「船舶免許不要」2馬力船外機付きミニボートレンタル人気ー志摩市・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP