伊勢志摩鳥羽観光情報

風変わりな生き物集合 鳥羽水族館が常設コーナー

三重県鳥羽市の鳥羽水族館は、姿や生態が風変わりな水生生物を展示する
常設コーナー「へんな生きもの研究所」を設けた。
国内初展示となるダンゴムシの仲間「ニューカレドニアオオグソクムシ」
など五十五種三百点が並ぶ。
館内で飼育するダンゴムシの仲間「ダイオウグソクムシ」の一個体は、
二〇〇九年一月から絶食を続け、話題を集めている。
コーナーの開設を通じ、生物の不思議と多様性を分かりやすく伝えていく。
広さ七十五平方メートルで、明るさを抑えた照明の下、水槽を無機質に
連続して並べたほか、むきだしの柱、学校の理科室にありそうな流し台、
生物標本や顕微鏡を置いた棚などで雰囲気を出している。
展示動物は、ナマコなのに体がホースのように長い「オオイカリナマコ」、
描いたような花びら模様が殻にあるウニの仲間「タコノマクラ」など。
白い二枚貝「ウコンハネガイ」はオレンジ色の触手を無数に伸ばした風貌だ。
各水槽には特徴をユーモアたっぷりに紹介するプレートも置かれ、
楽しく観賞できる工夫も凝らしている。
水族館では八月三十一日までの毎日午後二時半、飼育員が展示動物の
解説や実験を披露する記念イベントを開いている。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. サーフィンのメッカ 国府白浜海岸 (三重県志摩市阿児町国府)
  2. 夏休み期間の三重県内主要19所 観光客24%増608万人
  3. 横山展望台より英虞湾を望む
  4. フンボルトペンギン相次ぎ誕生 鳥羽水族館
  5. 三重のローカル誌「NAGI」最新号は県内の「源流トレッキング」を…
  6. 志摩マリンランドは癒しの水族館!
  7. 県内の市街地を網羅 グーグル「ストリートビュー」
  8. 富士山、世界遺産に登録決定 日本の象徴、三保松原も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP