伊勢志摩鳥羽の祭り

伊勢神宮「伊雑宮」で御田植祭-鶴が稲穂を落とした神話が始まり

稲穂をくわえた鶴が穂を落とした「白真名鶴(しろまなづる)伝説」を
元にする祭り「御田植祭(おみた・おたうえさい)」が6月24日、
伊勢神宮内宮の別宮「伊雑宮(いぞうぐう・いざわのみや)」
(三重県志摩市磯部町)と同宮神田で執り行われた。

平安時代から伝わるとされる伊勢神宮伊雑宮の御田植祭

 第11代垂仁天皇の皇女・倭姫命(やまとひめのみこと)が
伊勢神宮に納める神饌(しんせん)を探し求めて志摩を訪れたとき、
昼夜鳴く一羽の白真名鶴が稲穂をくわえていたことを起源として、
平安時代末期か鎌倉時代初期から始まったとされる。
香取神宮(千葉県香取市)と住吉大社(大阪市住吉区)の御田植祭と
ともに日本三大御田植祭の一つとされている。

 伊雑宮で祭りの成功祈願とおはらいを行い、場所を神田に移動すると
田道人(たちど)と白い衣装に赤いたすきがけの早乙女(さおとめ)が
苗場を3周半回って苗を取る。
次に、裸男が「太一」と書かれた大きなうちわの付いた忌竹(いみだけ)
を奪い合い泥だらけになりながら繰り広げる荒々しい「竹取神事」、
赤い衣装を着て倭姫命に扮(ふん)した太鼓打ちが田舟に乗り田楽を
奏でながら、田道人と早乙女が横一列になって田植えを行う「御田植神事」が
古式にのっとって執り行われた。

 歌われる躍り込み唄の歌詞には「御田(みた)の起こりは神代の昔、
鶴が落とした稲穂から」「今年しゃ豊年穂に穂が咲いて、升は取り置き
箕(み)で計る」「一の鳥居で昼寝をしたら、五穀繁盛の夢を見た」
「岩がもの言うオオムの岩が、誰が言わした倭姫」など祭りの起源や
農民の願いを伝えている。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「藻刈神事(もかりしんじ)」-伊勢市、二見興玉神社
  2. 790年余の伝統を誇る奇祭「潮かけ祭り」in志摩町和具
  3. 三重・志摩で「汗かき地蔵」に祈願
  4. 志摩・安乗神社で神事「三番叟の舞」-天下泰平など祈り、人形が舞う…
  5. 志摩 情感たっぷり 安乗文楽上演 観客見入る
  6. 宮川河畔で1万発 あす神宮奉納花火 
  7. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社
  8. 伊勢神宮奉納全国花火大会 大会提供ワイドスターマイン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP