伊勢志摩鳥羽の祭り

宮後奉献団 上せ専用のねぶた 「風神と雷神」披露

第六十二回伊勢神宮式年遷宮のお白石持(しらいしもち)行事に
参加する、伊勢市宮後の宮後奉献団(菱田光三団長)は
三十一日、伊勢神宮への白石奉献本番を前に実施する、
「上(のぼ)せ車」を盛り上げるねぶたを披露した。
今月三日と二十四日の夜、台車に載せて点灯し、
風神と雷神が夜の街をにらみ付けながら、伊勢神宮の新宮の
敷石を積む奉曳車(ほうえいしゃ)と共に進む。
ねぶたは、同市の画家中村仁志さん(53)がデザインした。
天候をつかさどる風神と雷神をモチーフに、角材と針金で成形して
和紙を張り、色を付けた。
電球二百個と蛍光灯二十本で内蔵して照らす。
風神は左手の袋の口からスモークを噴出し、
雷神は点滅で稲光を演出する仕掛け。
二体を背中合わせで合体させ、高さ約四メートル、
幅約五メートル、長さ約七メートルの大きさになる。
同地区のねぶた制作は昭和六十二年の前回遷宮での
第二次お木曳(きひき)行事からの恒例で、以来、
毎年の伊勢まつりで新作を発表し、二十六作目となる。
今回は、昨年十二月から延べ百人程度で取り組み、
先月二十八日に完成した。
上せ車は内宮、外宮それぞれに引く本番前に、奉曳車を
各地区から出発点まで運ぶのが目的だが、団ごとに行事化されている。
同団は、三日午後四時半に月夜見宮を出発して古市街道の半ばを目指す。
二十四日午後六時からは、月夜見宮から浦口町の筋向橋付近までの
ルートを行く予定。
雨天の場合は翌日に延期する。
引用元(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 第31回斎王まつり
  2. 川曳の奉献団、神域目指す お白石持行事2日目
  3. 伊勢神宮「伊雑宮」で御田植祭-鶴が稲穂を落とした神話が始まり
  4. isesinbun 棒振り練り、悪病はらう 坂手島で330年続く伝統行事
  5. chunuchisinbun 志摩のアワビに舌鼓
  6. 第56回鳥羽みなとまつり大会
  7. isesinbun 海女100人がアワビ採り 三重県鳥羽市で29日「御潜神事」再現
  8. 国の重要無形民俗文化財 「安乗の人形芝居」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com