伊勢志摩鳥羽の祭り

棒振り練り、悪病はらう 坂手島で330年続く伝統行事

isesinbun

鳥羽市の離島、坂手島で十四日夕、三百三十年以上続く
「棒練り」行事があった。同島に疫病がはやり、尾張の津島神社の
悪病よけの守り神を祭ったことに始まると言われ、
市無形民俗文化財に指定されている。
夕刻になると、島で「浜の小屋」と呼ばれる場所から
紋付きに白たすき姿の棒振りや、扇子を持ち紋付き羽織姿の音頭、
宿元など諸役が集まり、若宮神社までの約百メートルを練り進んだ。
両端に五色の紙房を飾った約一・八メートルの棒は、
島の細い路地を通れない山車の車輪に見立てたものといわれ、
棒振りがこの棒を振り回して進み、音頭はその年の豊漁と島の
悪病をはらって安全を願う歌を歌いながら神社へ向かった。
薄暗くなった境内では、ちょうちんがともり、島民らが行列を見守っていた。

伊勢新聞

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 南伊勢町迫間浦の祭 浦まつり・天王祭
  2. 第10回横山さくらまつり!
  3. 人形芝居、80人が熱演 三重県志摩市・安乗神社
  4. chunuchisinbun 宮川河畔で1万発 あす神宮奉納花火 
  5. 日本三大御田植祭(重要無形民俗文化財) 伊雑宮 御田植祭
  6. 日本三大田植祭の1つ「磯部の御神田」毎年6月24日
  7. 国の重要無形民俗文化財 「安乗の人形芝居」
  8. オコゼをちらり「わっはっは」 尾鷲で奇祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com