伊勢志摩鳥羽の祭り

1分間に140回つく志摩市の「恵利原早餅つき」、元旦から引っ張りだこ

志摩市磯部町の恵利原地区に古くから伝わる伝統芸能の一つ「恵利原早餅つき」が新年早々、引っ張りだことなっている。

 「地つき唄」を歌いながら、1本の杵(きね)を2人で息を合わせ取り合ってつく恵利原早餅つきは、同地区で天保年間(1830~1843年)から伝わるとされている伝統芸能。現在は同保存会(志摩市磯部町恵利原、TEL 0599-55-2255)によって守られ、継承されている。

 元旦には、新年の恒例行事として同地区の鸚鵡岩(おうむいわ)山頂で約300人につきたての餅を振舞った。2日には志摩観光ホテル(阿児町神明)が宿泊者へのサービスとして同ホテルからの依頼で、出張餅つきを行った。

 英虞湾の見える同ホテルの庭に準備された臼(うす)に、蒸しあがった餅米が入れられると同保存会女性メンバーらが囃子(はやし)唄に合わせて最初はゆっくりとしたテンポで手拍子を取る。それに合わせて杵が上下運動を繰り返す。ある程度つきあがると宿泊客らに参加を呼びかけ一緒に餅をついていく。再び保存会メンバーの手に杵が渡ると手拍子が早くなり、杵の上下運動は1分間に140回以上をつくスピードになり、会場が歓喜に沸く。つき終った餅は、女性メンバーの手ですぐに丸められ、志摩市特産のあおさノリとキナコをまぶして出来上がる。

 同ホテルに毎年宿泊し正月を過ごすという東京都在住の高村洋一さんは「とてもおいしい。毎年この早餅つきを楽しみにしている(笑)」と感想を漏らした。

 同保存会は、8日におかげ横丁(伊勢市宇治中之切町)で、21日には近鉄と志摩市のコラボ企画「志摩ってこーね列車 新春『開運』三重の酒 利き酒列車」の催しの一つとして早餅つきを披露する。

伊勢志摩経済新聞引用>> 
http://iseshima.keizai.biz/headline/1290/

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩・安乗神社で神事「三番叟の舞」-天下泰平など祈り、人形が舞う…
  2. 夏の夜彩る折り鶴と花火 きほく燈籠祭に5万3000人
  3. 松阪祇園まつりが開幕 みこし、勇壮に街練る
  4. 七五三:お守り笹、準備作業進む--伊勢・猿田彦神社
  5. 「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社
  6. 安乗中の生徒が仕上げ練習 文楽「鎌倉三代記」15日上演
  7. 厄よけ大漁願い棒練り 鳥羽・坂手島
  8. 第58回鳥羽みなとまつり 7月19日〈金〉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP