伊勢志摩鳥羽のお取り寄せなど

笹野軒の『ぼた餅』は年中『ぼた餅』として売られていることに気づき調べてみた結果!!??

春のお彼岸も近くなり皆様いかがお過ごしでしょうか。

「おはぎ」や「ぼたもち」など呼び方がありますが、
春は「ぼたもち」という呼び名が一般的でボタンの花が咲く季節であり、
牡丹の花の型取っているといわれているからだそうです。
 
今回は「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは何かを調べてみました。
「ぼたもち」の作り方は、蒸した餅米をつき上げて(餅にして)「こし餡」で包んだもので、これが牡丹の花に似ているところから「牡丹餅」(ぼたもち)と言われ、春の彼岸に供えられるというものです。
「ぼたもち」は牡丹花のイメージから、お餅もつるつるで、側にまぶすあんこもこし餡を使います。
 
「おはぎ」は萩の花のイメージから、半つきのツブツブの餅にあんこも「つぶ餡」をまぶすのだということです。
つまり、蒸した餠米を餠みたいによくつくか、半つきにしてツブツブを残すかの違いだそうです。
 
結果、餅米のつき加減と「こし餡」か「つぶ餡」という違いなんですね。
 
※写真=三重県志摩市御座、笹野軒のぼた餅

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 南伊勢町宿田曽の魚貝は間違いない!! 山金商店の社長山本和博さん…
  2. 伊勢志摩のアワビが非常に美味しい季節となりました。
  3. 伊勢 おかげ横丁で“女性専用土産”として梅酒「伊勢の梅カップ」の…
  4. 松阪市にある㈱いせこ様が商品化しているイセエビパウダーが入ってい…
  5. 伊勢志摩ロイヤルポーク ロースカツ用
  6. 伊勢名物 虎屋ういろ 季節限定の紫陽花ういろ販売開始 
  7. 有限会社ムカイ の 生ふりかけ で おにぎり
  8. 志摩と郡上 料理で交流 地元食材使い旅館おかみら

最新記事

PAGE TOP