伊勢志摩鳥羽のレストラン飲食店

【三重県】奥伊勢・アユ料理専門店「清流茶屋」、10周年でアユの塩焼き1匹サービス

眼下に日本一の清流で知られる「宮川」が流れ、川のせせらぎを聞きながら
アユ料理が食べられる「清流茶屋」
(三重県多気郡大台町滝谷、TEL 0598-77-2110)が
今年も6月1日、期間限定でオープンした。

9月末日まで。
2004年開業の同店は今年、10年目のシーズンを迎えた。
宮川上流漁業協同組合(同)が直営し、宮川の伏流水を利用して育てている
「宮川上流鮎種苗センター」(薗)の新鮮なアユを仕入れ、塩焼きや天ぷら、
刺し身などに調理し提供する。
6月から9月までの4カ月間だけ営業し、毎年土曜・日曜には行列ができるほど
人気を集めている。 

人気メニューは、アユの塩焼き2匹、アユの天ぷら、アユフライなど
アユ尽くしの「清流御膳」(2,500円)と、
アユの塩焼き1匹のほか、天ぷら、フライなどが付く「清流定食」(1,200円)。
そのほかのメニューは、「あゆカレー」「あゆ天丼」(以上700円)、
「冷やしあゆぞうすい」(450円)、
アユのだしが効いたツユで食べる「ソーメン」(400円)、
新鮮なアユを1匹さばいた「あゆ刺し身」、「子あゆの天ぷら」(以上700円)など。
「あゆの塩焼き(1匹)」(600円)と「あゆ骨のから揚げ」(300円)は個数限定。 
同組合の大原勝子さんは
「清流茶屋がオープンして今年は10周年になるので周年を記念して、
6月と7月の平日限定で、『清流御前』もしくは『清流定食』注文の方に
アユの塩焼きを1匹サービスさせていただく。
アユの塩焼きが1匹600円なのでそれだけでもお得なのが分かって
いただけると思う。

土曜・日曜は混雑するので、平日に来ていただければ」と話す。 
5月19日のアユ漁解禁日には午前中だけで350人の釣り人が訪れた。
その後の釣果もよく、平日でもにぎわいを見せている宮川上流。
大原さんは
「アユ漁のピークだった1993年には年間遊魚券が1000枚売れた。
昨年は不漁だったこともあり260枚だったが、今年はすでに5月末時点で
300枚を越えている」とアユ漁の活況ぶりを説明する。 
今年から「あまごの釣り堀」
(要予約、餌付きさおレンタル=200円、釣り上げた魚1匹に対して1匹=300円)も
始めた。
「実は私が餌をやりすぎてアマゴが大きくなってしまって…(笑)。
おそらく20センチオーバーのものがほとんどでは」と大原さん。
「家族で楽しんでいただければ」呼びかける。 
同店の営業時間は11時~15時。
月曜定休(月曜祝日の場合は翌日休み)。
http://www.ma.mctv.ne.jp/~mj-ototo/seiryu.html

大きな地図で見る

ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩トスカーナより通常営業のお知らせ&テイクアウトのお知らせ
  2. 島茶屋の名物『ところてん』
  3. 冬期限定♪ 磯料理ヨットの赤ナマコ茶漬
  4. 豊橋カレー風カレーうどん in 手打うどん「かめ吉」
  5. たこ焼ぶぶ in志摩市阿児町鵜方駅裏
  6. 冬限定♪ 太麺・新みそラーメン in あじへい磯部店
  7. 建国記念の日
  8. やはり担々麺は絶品だった♪ 「きんせい」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP