伊勢志摩鳥羽のトピックス

【交流棟に展示されたヤタガラスの巨大立体たこ=尾鷲市向井の県立熊野古道センターで】


【交流棟に展示されたヤタガラスの巨大立体たこ=尾鷲市向井の県立熊野古道センターで】
写真=伊勢新聞

サッカーワールドカップブラジル大会に出場する日本代表を応援しようと、三重県尾鷲市向井の県立熊野古道センターでこのほど、代表チームのシンボルマークでもある「ヤタガラス(八咫烏)」の巨大立体たこの展示が始まった。決勝戦前日の七月十三日まで交流棟壁面に飾られる。開場時間は午前九時―午後五時で、期間中休館日はない。
たこは、翼を広げた状態で縦二・五メートル、幅四・九メートルの大きさ。平成十六年に「紀伊山地の霊場と参詣道」(熊野古道)が世界遺産に登録されたことを記念して同年、県が伊勢市在住のたこ作家・西川正之氏に依頼して製作したもので、同年七月に尾鷲市三木里町で開かれた世界遺産登録記念たこ揚げ大会で披露された。
ヤタガラスは三本足が特徴で、日本神話に登場する神武天皇の東征伝説では、熊野地方に上陸した神武天皇を大和国(現在の奈良県)まで道案内したと言い伝えられる。導きの神として熊野本宮大社(和歌山県田辺市)など熊野三山や熊野地方で信仰されたという。
同センター職員は、「熊野古道世界遺産登録十周年の機運を盛り上げるとともに、日本代表の勝利を祈りたい」と話していた。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩・天の岩戸そばに咲く樹齢350年以上の「岩戸桜」に今年も純白…
  2. 伊勢の玄関口に天然温泉旅館「伊勢外宮参道 伊勢神泉」誕生 日本一…
  3. 春の訪れ、鳥羽・相差でヒジキ漁が解禁-実は三重県のヒジキ全国1位…
  4. 三重県尾鷲市への「ふるさと納税」急増 ヤーヤ便が奏功
  5. ブリ500本水揚げ 尾鷲漁港で本格化
  6. 神宮奉納大相撲に向け力士ら伊勢入り
  7. 県内初のハイブリッドバス発車 三重交通
  8. 少子高齢化対策に金券配布 鳥羽市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com