伊勢志摩鳥羽のトピックス

せんぐう館で「御装束神宝」複製品展示一新

chunuchisinbun

二十年に一度の伊勢市の伊勢神宮の式年遷宮で、社殿の建て替えとともに、一新して神前に納める「御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)」の新たな複製品の展示が二十九日、伊勢神宮外宮(げくう)にある展示施設「せんぐう館」で始まった。
御装束神宝は遷宮に合わせて調製する神様の衣服や服飾品、調度品。
七百十四種、千五百七十六点ある。
複製品は、御装束神宝を手掛ける職人が本物と全く同じ材料と技術で仕上げた「調製工程品」。
正確に技を受け継ぐ資料として、今回の遷宮から作られるようになった。
せんぐう館では昨年四月の開館以来、太刀など約百点の複製品を常設展示。
今回、展示を一新した。
古代の馬具を付けた馬の木彫「鶴斑毛御彫馬(つるぶちげのおんえりうま)」や、太刀を下げるのに使う組みひもの帯「唐組平緒(からくみひらお)」、御装束神宝に使う布などの特徴・制作過程が分かる工程品計百点が並ぶ。
せんぐう館学芸員の深田一郎さん(41)は「伝統の技と、神様のために最高のものを作るという職人の思いが生み出す品を間近で見てほしい」と話している。
今後も随時展示を入れ替え、多くの工程品を公開する予定。

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「外人来てほしくない」 赤福、前社長の発言を謝罪
  2. AirX、志摩スペイン村ヘリポートを活用し、伊勢志摩直行便を販売…
  3. カンパチの背中に「寿」の文字ー志摩マリンランドの巨大回遊水槽の中…
  4. 県内初のハイブリッドバス発車 三重交通
  5. 愛らしい動物を掲載 鳥羽水族館がカレンダー作製
  6. yomiurisinbun 鳥羽で輝く「真珠姫」
  7. 2月9日は「ふぐの日」内宮へあのりふぐ奉納
  8. フジの花咲き始め 松阪公園

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com