伊勢志摩鳥羽のトピックス

アマモ:志摩・伊雑ノ浦再生へ、来春閉校の的矢中生徒が種まき

志摩市磯部町の伊雑ノ浦(約150ヘクタール)の藻場再生に取り組む

的矢湾アマモ再生協議会(北村亨会長)は29日、地元の市立的矢中の全校生徒23人の

協力を得て、海草のアマモの種まきを行った。

的矢中は来春に閉校が予定されており、生徒たちは「これからも何らかの形で海を

きれいにする行動を続けていきたい」と話していた。
 
アマモの再生事業は4年前、水産庁の環境・生態系保全活動支援事業を活用して始まった。

伊雑ノ浦では最盛期、320トンのアオサの収穫があったが、

汚染などで最近は1、2トンに激減している。

このため漁師ら漁業関係者39人が同協議会を結成し、県水産研究所の指導で

アマモ場の再生活動を行っている。
 
種まきには、協議会のメンバーや生徒ら約40人が参加した。

今年6月に刈り取ったアマモの種約24万粒を泥に混ぜ、60センチ角のマット200枚と、

ヤシの繊維で作った幅2メートル、全長10メートルのマットにそれぞれ挟み込んで、

伊雑ノ浦入り口付近の海底に沈めた。

1カ月後には発芽が見られるという。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 春の訪れ、鳥羽・相差でヒジキ漁が解禁-実は三重県のヒジキ全国1位…
  2. chunuchisinbun バリアフリー観光県へ三重県知事「日本一を推進」
  3. 「カエルのカンピンタン」って? 皇学館大で研究発表
  4. 鳥羽の賀多神社 組み立て式の能舞台を修復 来年の遷宮向け
  5. 三重大と志摩環境事協組が高性能浄化装置開発
  6. 寄せ書きされた日章旗 大台で発見
  7. 志摩オートキャンプ場 かわら版
  8. 「ど根性ビワ」今年も豊作 三重県尾鷲市、すき間3センチから幹

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com