伊勢志摩鳥羽のトピックス

ケネディ大使、初の来県 伊勢・鳥羽訪問、神宮参拝


【ハナミズキの苗に土を掛けるケネディ大使(中央)ら=伊勢市の伊勢神宮内宮で】
写真=伊勢新聞

キャロライン・ケネディ駐日米大使が十六日、就任後、県を初めて訪れた。伊勢市の伊勢神宮を参拝し、内宮では日米友好のためのハナミズキの植樹式に出席した。政治家尾崎行雄(一八五八―一九五四年)の顕彰を通じて日米の民間交流を続けている同市のNPO「咢堂香風」と県、同市が大使に手紙を送って働き掛け、実現した。

 大使は宇治橋を渡って内宮参集殿そばの園地に姿を現し、咢堂香風や県、市の関係者、地元園児らの歓迎を受けた。咢堂香風の土井孝子名誉顧問や鈴木英敬知事、鈴木健一市長らとハナミズキの苗木を囲み、根元に土を掛けた。

 今回の植樹は、大正元(一九一二)年に日本から米国の首都ワシントンに三千本の桜を贈った返礼として、米国と日米交流財団が日本各地に三千本の米国産ハナミズキを植樹する友好活動の一環。同市にはこれを最初に三十二本を植える。

 県を地盤とした尾崎が東京市長時代に桜を贈ったのが起源とあって、大使は「これらの木は尾崎市長の平和の精神を伝えるものであってほしい」と述べた。「日米同盟は常に生きたパートナーシップで、人が手を入れ世話をしなければならないことを思い起こさせてくれる」と語った。

 鈴木知事は「民間の活動、草の根の交流が大変大事で(大使の父)ケネディ大統領が就任演説で言っていた〝アクティブ・シチズン〟に通じる」とあいさつした。

 大使は夫のエドウィン・シュロスバーグ氏や大使館関係者らと行動し、午前に鳥羽市のミキモト真珠島を訪れ、運営会社の御木本真珠島で木田久主一鳥羽市長らと会い、昨年植樹されたハナミズキや海女漁の実演などを見た。

 伊勢市に移動して外宮参拝とせんぐう館視察の後、同市の日本料理店「大喜」で鈴木知事、鈴木市長の両夫妻と会食した。午後は内宮で植樹式に出席して参拝し、おはらい町通りやおかげ横丁を散策した。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩で南勢書写研究会
  2. 伊勢市長選 長田氏出馬へ あす記者会見
  3. 岩手・久慈の被災水族館支援へ
  4. 松阪の鶏焼き肉
  5. ミカンの皮に自在に描く 御浜の研究室が新技術
  6. 「虫おくり」来月5日開催 熊野・丸山千枚田
  7. シャーレーポピーが見頃 松阪農業公園ベルファーム
  8. 鳥羽高のゆるキャラが完成 トバオとトバコ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com